« システマ体験 | Main | 「洗脳広告代理店 電通」 »

April 25, 2012

体幹トレーニング体験

 4月22日(日)、「山梨体幹トレーニングセミナー」というものに参加してきました。

 体幹トレーニングは、サッカーの長友選手などたくさんのトップアスリートが取り組んでいることで、最近俄然一般の人にも注目されるようになってきました。

 私はもう20年ほど前か、高岡英夫先生が体幹の重要性を武術の身体論の立場から強調されていたので、それを意識して日々稽古していたので、今回本家本元から学べるとあって楽しみにしていました。

 主催は山梨でコアコンディショニングを普及しているアスレチック・トレーナーの間宮芳生さん、実は私の太極拳・中国武術教室にも通ってきてくれていた人で、トレーニング全般に大変熱心な探究者です。
 コアコンディショニングスタジオKAIKONを主宰しています。

 今回は間宮さんより招待を受けたのでした。
 そのため、私が誘った武術の生徒さんやアドラー仲間も来てくれました。
 会場は大学ラグビー部の選手や一目で体育教師やスポーツ・インストラクターとわかるような感じの人たちで120人ぐらいはいたでしょうか。大変な盛況です。

 そして講師はJCCA(日本コアコンディショニング協会)会長の岩崎由純先生。日本にコアコンディショニングを導入し、普及している第一人者です。これまでたくさんのトップアスリート、全日本女子バレーなどのナショナル・チームを指導してきたそうです。

 内容は先ずストレッチポールの体験。
 ストレッチポールにあおむけに寝て、間宮さんのインストラクションで「ベイシックセブン」という基本動作を行いました。実施後は床に背中がベタッとついて、背部の脱力が一気に進んだことを実感しました。良いですね、これ。買おうかな。

 そして岩崎先生の講義。体幹トレーニングの考え方、どうしてスポーツ障害が出てしまうのか、意識的運動と無意識的運動、ボディー・スキーマ、脳科学との関係などを数多くの実践例を挙げながら、わかりやすく楽しくお話しされていました。
 特に先生が実際に触れたカール・ルイスや清水宏保、北島康介の筋肉は驚くほど柔らかいというエピソードが面白かった。
 また、講義は楽しくというところがミソで、この先生、ペップ・トークの名人として知られているそうです。

 ペップ・トーク(pep talk)とは、「元気になる言葉」「人を元気づける背中の一押し言葉」という意味らしく、トレーニングや本番での選手、生徒、クライエントを励ますためのの言葉だそうです。アドラー心理学的にいえばまさに「勇気づけ」といって間違いないでしょう。確かにこの先生も勇気づけ名人だと思いました。

 明るく、楽しく、嫌味なく話され、時折すべる親父ギャグもご愛嬌になって、聞き手を飽きさせませんでした。いい意味で体育会系な感じがよかったです。心理臨床系は基本、暗いからね、かえって新鮮でした。

 そして講義の最後のスライドに、大事なのは「上虚下実」であるという太極拳や武術の世界の極意的目標がドンと出て、私の目を引きました。目指すところはやはり同じだということです。

 日々の稽古で参考になるヒントをいくつもいただきました。

 岩崎由純のオフィシャルWEB

|

« システマ体験 | Main | 「洗脳広告代理店 電通」 »

Comments

いろいろやりたい事はあるんですが、自分のリズムと生活のサイクルが合っていないなと感じています。

頭と心を整理していきたいなと思う今日この頃です。

上虚下実

質実剛健

Posted by: 吉川 | April 26, 2012 at 06:00 AM

 吉川さん

 お忙しいですからね。

 できる範囲で何かトライしてみたらいかがでしょうか。

 お声をかけてください。

Posted by: アド仙人 | April 26, 2012 at 08:54 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81571/54548019

Listed below are links to weblogs that reference 体幹トレーニング体験:

« システマ体験 | Main | 「洗脳広告代理店 電通」 »