« 筋トーヌス | Main | 「発達障害に気づかない大人たち<職場編>」 »

May 05, 2012

右脳の体験

 先日のNHKのEテレ、「スーパープレゼンテーション」はすごかった。ジル・ボルティ・テイラーというアメリカの脳科学者がTEDでプレゼンした様子が流れたのですが、観た方はいるでしょうか。

 テイラーさんはハーバード大の脳科学者だったのですが、37歳の時に突然脳卒中に罹り、その時の内的体験がすさまじかった。
 ある日左脳の血管が破裂して、理性的判断ができなくなっていき、代わりに右脳の働きがオーバーラップしてきたと思われる神秘体験といってもよい驚きの体験、そして戸惑いながら右脳と左脳の働きを行ったり来たりしていく様子、最後にその稀有な体験から脳科学者として人類に貢献できるのではないかという洞察まで、ドラマチックに語られていました。

 よくあるパワーポイント的なスライドをほとんど使わず、実際に本物の脳を両手に持っての話は聴衆の関心をグワーッと惹きつけていましたね。終了後はスタンディング・オベーションで大拍手。

 番組では字幕付きでしたが、その様子はTEDのHPで見られるようです。
http://www.ted.com/talks/jill_bolte_taylor_s_powerful_stroke_of_insight.html

 あまりに面白かったのでメモした内容を記します。多少は足りなかったり、違っているかもしれません。脳卒中に至る経過やその対応については省いてます。

・右脳はパラレル・プロセッサー、その性質は今を生きること、イメージ、感覚的。左脳はシリアル・プロセッサー、分類、整理、言語を司る。この二つは全く違う「人格」を持っているといえる。
・右脳の体験はエネルギーとなって感覚器官に流れ込むもの、周りのエネルギーとつながっている、一体的、全体的な体験。左脳は「I am」であり私、個人として独立している感覚の体験である。
・脳卒中の最中、私は自分を俯瞰している感じだった。体の内部だけが意識され、どこまでが自分なのかわからなくなって、エネルギーだけが感じ取れた。周りの膨大なエネルギーが流れ込んで、壮大な気持ちになった。全エネルギーと一体となった。安らぎがあり、これまで37年間のあらゆる悩みがパッとなくなった。幸福感に満たされた。
・脳科学者として脳の内部からそんな体験ができるなんてめったにないことだ。
・人々が右脳の世界には入れたら、右脳の世界をもっと探索したら、世界はもっと平和になるのではないか。
・私たちは「エネルギーを持つ全体」である。
・左脳は個人、私になるとき、右脳はエネルギー、宇宙と一体になるとき、どのようになるかは自分で決められる。二つの世界、あなたはどちらを選ぶ?

 脳科学の話が人口に膾炙して、最近はかえって右脳の話は少なくなってきた感があって、一時期の下手な右脳礼賛ブームよりはよいものの、やはりこれは見逃すことのできない大きなテーマであり、特に右脳的なものと左脳的なものをどう使い分け、統合することが人類にとって必要であるかを示唆していると思われます。

 やはり我々はあまりにも左脳優位になっているのは間違いないからです。

 テイラーさんの体験は、いわゆるトランスパーソナルな体験、アドラー心理学でいう共同体感覚が極まった状態といってよいでしょう。気功などで得られるエネルギーとして万物とひとつながりになっている体験と同質ともいえると思います。

 そういう体験を誘引する修行やワークで、極力言語的作用を抑えていく理由が改めてわかりました。

 テイラーさんの著書もあるみたいなので、改めて読んでみようと思います。

|

« 筋トーヌス | Main | 「発達障害に気づかない大人たち<職場編>」 »

Comments

脳障害関係の利用者も多く、最近は書物を読んだり勉強をしています。
職場では「知識はあっても実行する時間がない。」というジレンマです。
「私がやる仕事ではない。」らしいです。
言いたいことはたくさんあるのですが、この辺にしときます。(笑)

Posted by: 吉川 | May 05, 2012 at 12:28 PM

 吉川さん

 テイラーさんの体験はリハビリ関係者にも影響を与えたそうです。言語脳が働かなくても、感じ取る力は十分にあることが示されたということで。

 大変ですけど、地道に励んでください。

Posted by: アド仙人 | May 06, 2012 at 11:08 AM

かなり興味深いですね。
大変参考になりました。
ありがとうございます。

Posted by: 脂肪バランス★吉野 | June 09, 2012 at 01:50 PM

 脂肪バランス★吉野様

 ありがとうございます。
 興味深いお話ですね。

Posted by: アド仙人 | June 10, 2012 at 11:02 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81571/54635932

Listed below are links to weblogs that reference 右脳の体験:

« 筋トーヌス | Main | 「発達障害に気づかない大人たち<職場編>」 »