« 名古屋にいます | Main | 「愛着障害」 »

May 28, 2012

もっと生活保護を!

 名古屋に行って遊んだり、勉強しているうちに世間では胸クソ悪くなるニュースがあったようで。

 生活保護をめぐるお笑いタレント河本さんバッシング報道で、それを煽って生活保護に抑制をかけようというある国会議員たちの動きです。

 一見正しそうな批判が、とんでもない方向に大衆、国民をリードしようという意図がありあり、そしてそれに同調することがいずれ自分の首を絞めることになることに気づかない人の愚かさ、悲しさも浮き彫り。

 大体これは「不正」なのか?

 むかついたので、ここのところツイッターでこの問題を正しく指摘する発言をリツイートしまくってました。どれも論旨が明確で情緒的な批判派より正しいものに思えました。
 傑作なのはコラムニストの小田嶋隆さん。

オレが片山さつきの親族だったら今日から仕事やめてブラブラする。議員が養ってくれることはもう太鼓判なわけだし。

 私は生活保護のケースワーカーの経験はないけれど、近いところにいたし、お願いする立場でもあったので、彼らの大変さはよくわかる。福祉や弱者保護の情熱を持つ人ほど悩み苦しむのが生活保護行政です。確かに矛盾はある。河本さんみたいに「不正ではない」けれど、もうちょっと頑張ってくれれば生保から抜け出せるのに、というケースはある。しかし、はるかに多くの生保によって助かっている人、生き延びている人がいて、さらに多くのまだ受けられる、受けるべきなのに受けていない人がいるのです。

 その上、保護費抑制、扶養親族の拡大、資産調査の徹底などされては、本来受給すべき人々がさらに支給されない事態が続出するでしょう。

 DVや虐待から逃れてきた人は、生保が受けられないからと虐待する扶養義務者にお願いに行くのか?
 頼まれる側もなんで仲の悪い親族も扶養しなければならないのだ?

 不正受給率を指摘するなら、それよりはるかに多くの「正しい受給率」も出して、制度のメリット、デメリットを議論してほしい。そいうすれば、おそらくお金の問題ではなく、ケースワーカーの絶対数の不足、ケースワーキングのスキルの問題、彼らを守り支える態勢の不備に話がいくでしょう。それは公務員を削減したい人たちには嫌なんだね。

 大体保護費が高いというが、高いのではなく一般の収入が低すぎるのでしょう。生保を上回れば、こんな不満は出てこない。

 まさに今、国は中~下層階級を「分断して統治せよ」を実践していると思うべきです。

|

« 名古屋にいます | Main | 「愛着障害」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference もっと生活保護を!:

« 名古屋にいます | Main | 「愛着障害」 »