« 借金のススメ | Main | 「解決指向催眠実践ガイド」 »

July 01, 2012

今月の秘伝はゆる特集

 今発売中の「月刊 秘伝7月号」(BABジャパン)は、高岡英夫先生のゆる特集です。

 ゆる体操は最近テレビでの紹介も増えてきて、決まって指導員のNIDOさんのダジャレ炸裂、奇天烈なパフォーマンスで満場を笑わせてくれるのですが(これまで、たけしや爆笑問題、アンジャッシュなどみんな笑い出して受けていました)、かえって「何だ、あれは?」といぶかしく思う人もいるかもしれません。

 楽しくあの乗りに乗れる人はいいのですが、うつなど心の調子が悪い人や発達障害者のようにシャレの理解ができにくい人などは、そういう人こそゆる体操をやったらよいのですが、入り口でつまづいてしまうことがあるかもしれません。

 今回の秘伝特集は、そんな真面目な人や理屈や情報から入った方がよい人には、深淵なゆる体操や高岡運動科学を体系的に知る良い内容だと思います。

「ゆる」とは何か、ゆるを支える哲学・科学、運動進化論、身体意識論、細胞意識論、ゆる体操の方法などが語られています。

 個人的には、身体意識論と心理臨床論をつなげて統合していけると面白いんじゃないかと思い、探求していきたいと思っています。共同研究者募集します。

 それで私は、最近山梨にできたゆる体操教室にたまに行っています。
 山梨にゆる体操教室ができた!

 その教室は甲府郊外の農村地域でやっていて、武道家、アスリートなんてのは一人もいないで、ひたすら地元のおば様、お婆様たちばかりなのですが、その中に混じって、一時間みっちりゆる体操すると、その後の動きや気分は確実に良くなりますね。
 なんか、技も脱力が利いて、より柔らかく相手の突きや動きに接することができるようになった気がしています。いなしたり(化勁)、弾き飛ばしたりできるようになった感じがします。

 他にも、ヨガ行者成瀬雅春先生と科学者の武田邦彦先生との対談もあって、なかなかおもしろいです。科学に対する意識と修行の意識の共通性を学びました。

|

« 借金のススメ | Main | 「解決指向催眠実践ガイド」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81571/55094489

Listed below are links to weblogs that reference 今月の秘伝はゆる特集:

« 借金のススメ | Main | 「解決指向催眠実践ガイド」 »