« 「アメリカ政治の秘密」 | Main | 「図解 伝わる!ように『話せる力』」 »

August 17, 2012

張り巡らされた地下茎

 アメリカのジャパン・ハンドラーズたちの仕事は実に念が入っていて、戦後60年の長きに渡って、政界のあらゆるところに顔を出し、人脈を作り、いつ政権が代わってもよいように準備していたようです。それはあたかも竹の子のような植物の地下茎のようで、時折社会の表面にその関係が顔を出します。

 古村治彦著「アメリカ政治の秘密」(PHP研究所)では、その地下茎を詳細に調査し、全体像を推理しています。

 例えば、私より前の世代以上に割りと人気のあった駐日大使・エドウィン・ライシャワーは、当時政権政党だった自民党だけでなく、野党や労働組合にまで接触をして、彼らを表面的には反米でも心の内では懐柔されるように仕向けていたようです。

 ライシャワーが駐日大使として着任した1961年から1962年にかけて、アメリカ政府が招待した日本の労働組合の幹部は90名以上、アメリカの労組から招待を受けた人の数は200名に及んだ。p147

 あの時代にタダでアメリカに行けるんだから、それに当たった人はうれしかったと思いますよ。私の親父も公務員だったので組合をやってだろうけど、下っ端だったからその恩恵はなかったみたいで残念。

 1980年代までに組合の総評系で約2000名、同盟系で約1500名がアメリカに招待されたそうですよ。すごい数だ。

 ライシャワーの次の世代で今も活躍しているのがジェラルド・カーチス。たまに報道ステーションなどに出ています。一応日本研究が専門の政治学者という肩書ですが、CIAの情報提供者としてばれてしまっている人でもあります。

 ジェラルド・カーティスの仕事は、日本の政治家たちと関係を築き、彼らに情報を与えたり、アメリカの動きを教えたりして、日本の政治に影響を与えることだ。現在の民主党でカーティスが早くから目をつけていたのが、民主党の前原誠司古川元久である。そして、現在育てている最中なのが自民党の小泉進次郎である。p172

 古川はコロンビア大学でカーティスが指導教官だったそうです。小泉も同じくコロンビア大学で、カーティスの子分格のマイケル・グリーンが指導教官だったとか。恩師には逆らえないよね。

 そのような若い政治家だけでなく、70年代の学生運動の時代からカーティスは活発に与野党に入り込んで面倒を見ていたようです。

 カーティスは自民党では中曽根康弘と孫子の3世代にわたる深い交流をしていた一方、野党系では安東仁兵衛という学生運動の理論的支柱だったという人物(共産党を離党、最後は社会民主連合で政策委員長)と付き合って、そこから社会党の大物・江田三郎、その子・江田五月、そして仙石由人、管直人につながっていきます。仙石と管は「安東の教え子」といわれているそうです。

 そして、これらの人脈が現在の民主党(小沢・鳩山抜きの)になっています。まさに「40年がかりの大仕事」と著者も驚いています。

 その他にもいろいろあって、本書によるジャパン・ハンドラーズたちの活動から、我々の指導者がどうやって作られてきたかがわかって実に興味深いのですが、さらに感じたのは「教育ってやっぱ大事だね」ということ。
 どんなアホでもどんな思想信条があっても、指導者の指導者(ハンドラーズひいてはアメリカ上層部)のお眼鏡に適えば、育ててもらえて、良い思いができる。だから言われた通りに素直に従う人間になっていくのですね。
 私だって、ただでアメリカに行かせてもらえて、学位までくれて、偉くなれればそうなるよな。

 日本は教育熱心と以前はよく言われていたけど、アメリカの力はやっぱりすごいね。しかし、覇権国としての力が減退しつつある今、彼らの手口を知ってその力を削いでいくことは可能になりつつあるのかもしれません。そうしないといけないですね。

  
 

|

« 「アメリカ政治の秘密」 | Main | 「図解 伝わる!ように『話せる力』」 »

Comments

「小選挙区制に変われば二大政党制も進み、政権交代が行われ、政策優先の選挙となって、政治家の資質も向上する」との我が国で大合唱が起こった。
それで、小選挙区制比例代表並立制が導入された。が、政治家の資質も向上しなかった。それは、日本人の頭の中に問題があるからである。
現実界の現象は多岐にわたる。個人の意見は一人ひとり違っている。政党が、時流の中を泳ぐ人たちの集まりでできていては、身動きならない。
人々が団結して現象界に改善を加えるためには、千変万化することのない哲学の内容で人びとを事前に団結させなくてはならない。それができれば、人々は建設的になり、有効な現実対応策を打ち出すことができる。
ところが、日本人には哲学がない。ほとんどの人は、無哲学・能天気で教養がない。だから、いくら政治改革を望んでも政治音痴から抜け出すことはできないでいる。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://3379tera.blog.ocn.ne.jp/blog/

Posted by: noga | August 18, 2012 05:10 AM

 nogaさん

 日本人には哲学がない、というのはその通りでしょうね。

Posted by: アド仙人 | August 19, 2012 10:03 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 張り巡らされた地下茎:

« 「アメリカ政治の秘密」 | Main | 「図解 伝わる!ように『話せる力』」 »