« アドラー三題話 | Main | いじめ問題事例検討会 »

August 31, 2012

ナラティヴ・セラピー入門WS

 ブリーフセラピー学会の続きの特別ワークショップが、8月29日(水)、相変わらず酷暑でありましたが、駒澤大学であったので参加してきました。

 講師はジョン・ウィンズレイド博士(カリフォルニア州立大学サンバーディノ校教授)という方、ナラティヴ・セラピーの専門家として世界中で指導しているそうです。ナラティヴ・セラピーはいわゆるポストモダン思想を背景にしているためか、どこか哲学者的な雰囲気が醸し出されています。でも話しぶりやデモンストレーションの様子を拝見すると、とても暖かく包容力のある方だと感銘しました。

 テーマはコンフリクト・コーチング。「対立状況においても『自分自身のことを気にかける』ことを可能にする会話の状態を作り出すこと。これは同時に『その相手のことをも気にかける』ことも意味する」ということで、対立や葛藤関係をいかに解消し、それまで支配的だったストーリー(他者への非難や自責や自罰など)を変えていくかという発想や技法を学びました。

 講義ではミシェル・フーコーやドゥルーズの言葉が頻繁に出てくるので、科学としての心理学しか学んでこなかったり、思想に関心のない人にはとっつきにくく感じたかもしれませんが、話自体は実践的でした。臨床や相談実務をしている人には非常に納得でき、使ってみたくなったのではないかと思います。

 私も知っているようでよくは知らないナラティヴ・セラピーだったので、大変良い確認と復習の機会になりました。

 印象的だったフレーズは、

「会話のアート」

・古代ギリシャや古代ローマ時代において、自己への配慮の実践は、回想や瞑想と密接に関係していた。
・現代の治療的会話は、瞑想の一形態である。

「ストーリーは選択されたものである」

・一つのストーリーに含まれる事柄はたくさんある。
・ストーリーを作るということは、常に選択するということを意味する。
・どのような関係においても、常にいくつものストーリーが考えられる。

 など、非常に含蓄のある言葉が多かったです。

|

« アドラー三題話 | Main | いじめ問題事例検討会 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81571/55546709

Listed below are links to weblogs that reference ナラティヴ・セラピー入門WS:

« アドラー三題話 | Main | いじめ問題事例検討会 »