« 新陰流の勇気 | Main | 講演会と研修会 »

November 30, 2012

アドラー心理学の見取り図

 先週11月22日は山梨県社会福祉協議会で「メンタルヘルス入門~こころの健康管理」というテーマで研修をしてきました。
 同団体主催の「ナイト&ホリデイ 福祉のしごと就職講座」の一貫ということで、福祉に従事したい人たちが多数参加していました。高校を出たくらいの若い子から、中高年と思しき方まで参加者の世代の幅が広かったですね。福祉は収入面などで多くが必ずしも恵まれた環境とはいえないですが、この業界への関心の高さが感じられました。

 28日(水)は昭和町の押原中学校で、教育相談などに携わる教師の方たちで行なわれている「カウンセリングと教育研究会」で話をしました。
 テーマはずばり「アドラー心理学入門」。研究会のご要望にお応えしたもので、関心を持ってくれている先生がいらっしゃるようです。先生方がご関心があるであろう学級運営については総合教育センターの佐藤丈先生や上越教育大学の赤坂真二先生について情報提供し、専らアドラー心理学の歴史、理論的概要、カウンセリングについてお話しさせていただきました。
 自己理想を探る転生願望の質問で盛り上がりました。

 そのアドラー心理学ですが、お友達のぐうたら三昧さんのブログで、早稲田大学の向後千春先生が日本教育心理学会でアドラー心理学について発表したことを伝えてくれていました。

 向後先生のブログでその報告があります。

 そこに大会の論文集に出ている小論文と、発表ポスターがリンクされていて、特にポスターは実にわかりやすく、うまくまとめられていて素晴らしい!
 アドラー心理学の世界が一望できる!

 さすがは教育工学がご専門だと思いました。
 是非ダウンロードして壁に張ったり、持ち歩きましょう。

 この教育心理学会では、昨年まで3年連続でアドラー心理学のシンポジウムを企画をして私も参加させていただきました。そこではたくさんの先生方との出会いがありました。
 今年は一休みにしましたが、その後を継いでくれたかのようで、大変ありがたいです。

 今後の同学会でのアドラー心理学の展開が楽しみですね。

|

« 新陰流の勇気 | Main | 講演会と研修会 »

Comments

講義ありがとうございました。
「お帰りの車の中で…」と言われていた一言がとても大切なことなんだと感じました。

Posted by: 吉川 | December 03, 2012 02:49 AM

 吉川さん

 ご参加ありがとうございました。

 なかなかきつい仕事ですけど、頑張ってください。

Posted by: アド仙人 | December 03, 2012 08:50 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference アドラー心理学の見取り図:

« 新陰流の勇気 | Main | 講演会と研修会 »