« お台場 | Main | アドラー心理学の見取り図 »

November 26, 2012

新陰流の勇気

 柳生新陰流、誰もが知っている超有名流派です。

「秘伝 11月号」(BABジャパン)は前号ですが、柳生兵庫助が尾張徳川家に伝えたという「尾張柳生」の継承者、春風館道場加藤伊三館長の興味深い記事がありました。武道家の日野晃先生が取材・インタビューした記事です。

 加藤館長は御年80歳にもなられるのに、素晴らしい剣の動きを体現しているまさに達人らしいです。

 その加藤館長、新陰流の極意を体現するために最も重要なものは何かと問われて、「勇気」とお答えになりました。
 アドレリアンとしては、「おお」と注目しないわけにはいきませんね。

 新陰流における勇気とは何か。それは技の型に現れ、型を練磨する中で培われるものです。

 「勇気」その裏には何があるのか。それはその構えから見て取れる。
 まず「捨て身」なのだ。相手に対して左肩をさらけ出し、刀を後方下段に構えるその姿。その型にはもう一つ大切な要素が潜んでいる。それは「自らを斬らせるという事。

 言葉にすれば「捨て身」であり「自らを斬らせる」であるが、現実的には恐ろしく困難な次元の話だ。何故なら、一瞬の躊躇だけで自らは絶命する。そこには生命を賭ける「覚悟」が、精神の最も深いところになければならない。この時代の「勇気」とは、当たり前の事だが生命の綱渡りであり、背水の陣の心持ちであろう。
 そういった覚悟の剣が、尾張柳生の真骨頂だ。・・・(略)・・・

 まず「勇気」。「一刀両断」を単純に見ても「勇気」が必要だと、誰しも思うだろう。何しろ相手に対して、左肩が裸同然だからだ。そして「全て後の先」と仰っているところからある種の待ちが絶対に必要である。それがなければ「後」にはならない。

 そこで、一つの推理として逆から考えてみると、構造が見えてくる。「勇気」・・・それは誰でも初めからある訳ではない。はじめから命をさらけ出せる者がいたとすれば、それは“無謀”だ。その「勇気」を培う術が“後の先”である。  p40

 柳生新陰流は勇気を養う。さすがです。

 おそらく優れた武道・武術の教育効果の最も枢要なところがそこにあるのでしょう。

 同誌には剣を振るう加藤館長のお写真が多数あって、古の武士の風貌に魅了されました。

 調べたら加藤館長の動画がありました。必見!

|

« お台場 | Main | アドラー心理学の見取り図 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 新陰流の勇気:

« お台場 | Main | アドラー心理学の見取り図 »