« 忘年会&温泉 | Main | 安倍さんの心と体 »

December 17, 2012

選挙雑感

 この結果に私ごときがどういっても仕方ないのですが、とりあえず感想を。

 勝った自民には国土強靭化の経済政策は支持しているので、是非実行してもらいたい。あまり気張り過ぎず、増税や戦争など起こさぬように。

 ただ私の周囲の反応と結果があまりにも違うので、実感の齟齬をきたしています。どういうことなんでしょう。
 神州の泉さんのなぜか大きな違和感が拭えない開票結果(暗黒時代到来の予感が)  の記事と同じような感想を抱いてしまいます。

 3年前に小沢・鳩山が切り開いた民主政権は、仙石らのクーデターで全く違う政権になり、震災と原発でぐちゃぐちゃになり、野田で財務省の犬に成り下がり、消費税や原発再稼働などに突っ走り、といった具合でどう考えても勝てるはずないのに総選挙に突っ込んでいった感じがします。

 改めて振り返ると不可解だ。解散を反対していた輿石東(一応山梨)は「だからいわんこっちゃない」とつぶやいたと今朝の地元紙に出ていたけど、野田は何を考えていたのだろうか。まさか、承知の上で・・・、さらなる破滅に向かって・・・誰の指示だ?・・・。ほんとに変なおっさんだった。

 ただ、ネットを中心に盛り上がりつつあった小沢一郎の勢力を早めに削ぐためという説には説得力を感じています。準備不足と、少数政党が小選挙区制で勝つのが困難なのは当然なので、百戦錬磨の小沢はこの結果は承知していたと思います。それでもやらざるを得ないので苦しい戦いだったでしょう。

 最大の問題と感じたのは、選挙期間中に日本には「言論の自由」がなくなること。一番政治を熱く語るべきときに法律によって十分にできず、いきおい候補者はマスコミの限られたチャンネルをとおしてしかメッセージを出せないことです。これでは人々には伝わらず、操作されてしまう。

 前記事の忘年会のときにも、選挙の実際に詳しい人がいて生々しい政治の裏話をして楽しんでいたのですが、投票率の低さと組織票の強さがきれいに相関するのは、多少裏事情を知っている人には常識であり、今回も見事にそれを実証したということでしょう。真の勝者は創価学会という人もいますよね。

 今回投票に行く人は、さすがに民主はありえないので世論調査などで自民に誘導し、一方で迷っている人には行かないように、あまり煽らずそっとさせておく。これが今回は最低の投票率ということで見事に成功したように思えてなりません。敵ながらあっぱれ。

 よく「どうせ変わらないから」と棄権行動を正当化する人がいますが、これまでも選挙結果によって、いいにつけ悪いにつけ世の中はすごく変わってきたことを、気づいていないのでしょう。郵政選挙の後もそうだったでしょ。
 ただ自分の一票の効力の実感がうすいことと、変化を実感するには割としっかりとした時間感覚と因果関係の理解、政治経済の知識が必要なので、多くの人には難しいのかなという気もします。

 昔はいろいろな団体の組織票が強かったので、そこの代弁者に入れるということで、優秀な人も、はっきりいってB層的な人もその中で同じ行動をとっていたのですが、今は宗教団体以外はばらけてしまい、B層はマスコミが「パンとサーカス」で抑えているので、反対勢力は票を取り込めず、相当苦戦するという図式になっているのではないでしょうか。

 一応民主主義上は結果は民意ということになるのですが、この投票率と勝者の得票率(20か30%ぐらいですよね)で、民意という実感はわきにくいし、むしろ統計学的にはそれが正しい感覚なのだと思います。

 内田樹先生がちょうど中間的な見方を示しています。選挙結果について

 

|

« 忘年会&温泉 | Main | 安倍さんの心と体 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 選挙雑感:

« 忘年会&温泉 | Main | 安倍さんの心と体 »