« やさしく抵抗 | Main | 父は嫌われた方が子は自立する »

January 07, 2013

「自閉症・アスペルガー症候群のRDIアクティビティ」

 自閉症やアスペルガー症候群の療育、心理療法の主流は専ら応用行動分析学(ABA、行動療法)です。自閉症スペクトラムの人は、普通のレベルの共感性とか社会性の発達が不十分なために、一般のカウンセリング理論では効果がなく、場合によっては悪化させてしまうことさえあるからです。

「治療とは共同体感覚の育成である」とするアドラー心理学も、実際はこの領域ではお手上げというか、手つかずという感じです。

 でも、それではいかんと思うのです、アドレリアンとしてはね。何とかトライしていきたいし、彼らにも共同体感覚が育っていくようにできれば素晴らしいと思ってきました。

 その点で、私がここ数年ずっと注目しているのはRDI(Relational Development Intervention:対人関係指導法)。

 自閉症の得意とする能力や特徴を利用して、適切な行動や社会的スキルを学ばせようとするのが一般的なアプローチだとすれば(ABAやTEEACHなど)、自閉症の最も困難なところにあえて焦点を当てて、粘り強く働きかけて伸ばしていこうとするのがRDIです。

 関心を持った私は日本で数少ないRDIの資格をお持ちの名古屋の白木孝二先生(Nagoya connect & Share)のところに何度か足を運んで学びに行きましたが、やっぱり内容が幅広くて奥深く、まだまだ使えるレベルではありません。

 スティーブ・E・ガットステイン、レイチェル・K・シーリー著「自閉症・アスペルガー症候群のRDIアクティビティ」明石書店はRDIの具体的な関わり方をうかがえる数少ない邦訳されたテキストです。

 本書の対象は、幼児期から児童期の自閉症スペクトラムの人で、共同注意、社会的参照など他者への関心、協力する力の基礎となる部分を伸ばしていくための、具体的な関わり方、ワーク、遊び方が、社会性の発達段階ごとにたくさん紹介されています。

 けっこうな量でずいぶん参考になりそうなのですが、残念なことにアメリカの遊びなどが元になっているものがあったり、文字ばかりで読むだけでは少し想像しにくい。できればイラストや写真を入れてほしかった。DVDなんかもあるともっと良かったですね。

 もう少し勉強していきたいと思います。

 RDI開発者のスティーブ・ガットステインの動画です。関連したRDI実践風景の動画も他にいくつもありますので、実際の様子も多少うかがえるかもしれません。

|

« やさしく抵抗 | Main | 父は嫌われた方が子は自立する »

Comments

Fさん、ご無沙汰しております。徒骨亭こと、「シンピケン」メンバーだったWでございます。はい、西早稲田のアジト・・・いや研究所でアルファコイルの実験中に暴走したあのWであります(笑)。先程、別件で検索中に偶然このブログの「同窓会」(2008年1月8日)をはじめとする神秘研がらみの記事をいくつか発見したので、コメントを入れさせていただきます。

伝説のKさんやSさん、Iさん、皆さんお元気そうでなによりです。西早稲田の家に来ていた某通信社のSさんが、以前K刊行会から出された著書の中で、神秘研のKさんの話を取り上げているというのを他の場所で目にしたことがありました。しかし、他の方も含め、現在の消息は全く不明だったので懐かしいです。Sさんはてっきり今でも奥多摩で仙人修行をされているのかと思っていました。現在はアメリカで活動されているのですね。

ちなみに女房の実家が岐阜なので、年に数回、帰省で中央道を往復しております。甲府盆地を通過する度、Fさんはどうしているだろうかとぼんやり考えておりました。何せ、山梨にはFさん以外の知人がおりませんので。

私は現在、ごく普通の小市民 に偽装してマイホームパパを演じております。リンク先のURLは私のブログですが、あまり読む価値のない、ラジコンやら鉄道模型やらのオヤジの道楽三昧のブログです。ただ、メール送信フォームも設置してありますので、よろしければご利用ください。

Posted by: 徒骨亭 | January 09, 2013 at 12:46 AM

 徒骨亭さん

 Wさんということは・・・・多分あの人だな!おお、お久しぶりです!お元気でしたか。
 いや、よく見つけてくださった。

 私は山梨であの路線を維持しつつ、心理の専門家の顔をして暮らしています。
 あなたも多趣味を生かしているようですね。

 神秘研の人たちも何とかやっているようです。

 F波さんは北陸の大学にいます。昨年はNHKの情報番組にもご出演なさいました。
 http://www.jaist.ac.jp/~fuji/wp/
 

 件のKさんは愛媛でフラードームを作って住んでいます。
 http://blogs.yahoo.co.jp/mind_harp

 実に懐かしい。山梨にお寄りの際は、是非私のオフィスにお立ち寄りください。
 よもやま話などいたしましょう。

Posted by: アド仙人 | January 09, 2013 at 09:25 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81571/56396915

Listed below are links to weblogs that reference 「自閉症・アスペルガー症候群のRDIアクティビティ」:

« やさしく抵抗 | Main | 父は嫌われた方が子は自立する »