« 講演会「認知療法でダイエット」 | Main | 「荒天の武学」 »

February 25, 2013

週末3連チャン

 2月22日(金)は前記事でお知らせしたとおり、山梨のアドラー仲間による坂本玲子先生の講演会を実施しました。

 先生が認知療法によるダイエット本を翻訳した記念ということで、同書には42日間のプログラムがわかりやすく説かれています。やはりダイエットにも考え方、行動の計画の仕方が大いに関係があるということを学びました。

 講義はいつもながら笑い満載でおもしろかった。食べ物に対する「衝動と欲望と本能を区別すること」が大事で、いつも欲望主体で食べている私としては耳の痛い話でしたな。

 坂本先生のスマートさと若さはアドラー心理学と認知療法の賜物と思いました。

 金曜の夜にもかかわらず30人近くの人が来てくれて、大成功でした。講演会の様子は会のメンバーの功刀京子さんもブログに書いてくれています。

 23日(土)は東京・板橋で「気と心理ワークショップ」に参加。本ブログでも何度か紹介したアドラー心理学研究者の浅井健史先生と合気道家とのコラボ企画です。

 私と山梨のアドラー仲間のFさん(日本少林寺拳法を修めていて、ヒューマン・ギルドで秘伝気功も学ばれています)がうかがいました。好奇心いっぱいのおっさん二人です。

 講師の田嶋先生(研鑽会合気道、卯酉)は初めてお会いしましたが、本当にすごい実力の持ち主で、間違いなく「合気」が体現できている人だと思いました。

 講座では、気と身体意識の操作による身体感覚や動きの変化を実感するワークと、田嶋先生の気の体験のお話をうかがうという内容で、とても興味深く、私も普段の稽古との連続線上にあるものと共感しました。

 ワーク後はより安定感が増し、力がストーンと抜けた感じが高まりました。ちょうど最近受けた臨床動作法のWSで、足のワークをやって安定感を増すための技術に関心があったので、さらに体験が深まってよかったです。
 その後、中国武術の本部道場の稽古に参加したのですが、いつも以上によい動きができたように思えました。ただ、先生方に推手(組手)でいつものようにボコボコにやられましたけど…。強くなるには時間がかかるようです。

 参加者は、臨床心理士や精神保健福祉士、心理学徒で、ワークの体験と臨床での体験との共通性が語られたりして、みんな深い関心を持ったようでした。

 気について心理学は正面から語ることは避けてきたというか、取り上げないのを良しとしてきたわけですが、改めて考えるといろいろな切り口があるようで、これからの研究の発展が期待されます。

 一泊して24日(日)はヒューマン・ギルドのカウンセラー養成講座にオブザーバー参加。岩井先生にお願いしてのことで、年の功か、最近あちこちでアドラー心理学の話を求められることが増えたので、改めて伝える現場を学んでみたいと思ったのです。

 初めてアドラー心理学のカウンセリングを学ぶ方たちの中に入って、初心に戻る感じがしました。真剣に熱心に学びとろうという姿勢は素晴らしいですね。
 岩井先生のスムーズな進行も改めて熟練というものを感じました。

 などと感慨にふけっていたら、最後に岩井先生に「カウンセリングのデモンストレーションをやってください」と突然ふられて、「えーっ」とビックリ。
 ここで逃げるわけにはいかないと、もちろんお引き受けしましたが、デモといってもほとんどマジなカウンセリングなので、精一杯務めさせていただきました。アドラー心理学お得意のオープン・カウンセリングということですね。
 みなさんの参考になれるほどのものかわかりませんが、幸い良い感じで終われて良かったです。
 講座の様子は岩井先生のブログでも紹介されています。
 

 岩井先生、ありがとうございました。貴重な体験でした。

 なんか怒涛の刺激的な週末でございました。

|

« 講演会「認知療法でダイエット」 | Main | 「荒天の武学」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 週末3連チャン:

« 講演会「認知療法でダイエット」 | Main | 「荒天の武学」 »