« 呉式太極拳体験 | Main | 山梨でELM開催 »

March 20, 2013

北米アドラー心理学会誌に掲載

 アメリカはミネソタにあるアドラー心理学の大学院に留学中の梶野真さんの論文「Individual Psychology in Japan」が、北米アドラー心理学会の学会誌「The Journal of Individual Psychology. volume68. number4. winter2012」に掲載されました。

 今回は「世界のアドラー心理学」の特集らしく、梶野さんは日本の文化的特徴や東日本大震災、メンタルヘルスの状況を報告しています。その中で、私が参加している日本臨床・教育アドラー心理学研究会を紹介してくれました。

 私たちの活動を海外のアドレリアンに知っていただくことができ、とてもありがたいことです。おまけに、私の名前まで載せていただいておりまして、さらに感激、感謝しております。
 梶野さん、本当にありがとうございました。

 微力ながら今後とも私たちはさらに活動範囲を広げ、内容を深めていきたいと思います。

 該当部分を引用します。

New Adlerian Society

To advance expertise in fostering individual social interest in Japan, a new Adlerian society, Japanese Society of Clinical and Educational Adlerian Psychology, held its first meeting at Bunkyo University, Saitama, Japan, on July 9, 2011. The founder of the society are Yoshiya Suzuki, a clinical psychologist with Toyo Gakuen University, Tokyo; Nobuhiko Aizawa, a clinical and school psychologist with Bunkyo University, Saitama, Japan; Toshinori Iwai, a representative of Human Guild, Co., Ltd., Tokyo; and Takayuki Fukasawa, a clinical psychologist with the Yamanashi Prefectural Kita Hospital, Yamanashi, Japan.

The vision of the society is "to create a community of experts who will deepen individual social interest in society." The misssion is "to educate and train any and all citizens in Adlerian Psychology, so that mental wellness will become a major life style." The society`s core values are social interest, equality, professionalism, global interacton, and thought leadership.

Takayuki Fukasawa, an enthusiastic Adlerian, had long been waiting for this oppotunity to come to fruition and believes that this society offers a place to study, learn, and share information for those who are Adlerian and are in a field of aid, support, and education. Having the society play a role in interacting with overseas Adlerian organizations is one of the Fukasawa`s goals.

 同誌には日本のほかにイスラエル、オランダ、スペイン、台湾、タイ、トルコの報告が出ています。多くの国で少しずつ、着実にアドラー心理学が根付いている様子がわかって、大変興味深い内容でした。

|

« 呉式太極拳体験 | Main | 山梨でELM開催 »

Comments

深沢先生、

ご無沙汰しております。私の論文掲載を紹介していただいてありがとうございました。

今になって、こうして紹介していただいていた事に気づき、コメントが遅くなって申し訳ありません。

私もこうして日本臨床・教育アドラー心理学研究会を紹介出来て、とても嬉しく思っています。

一応、この論文は第1弾という事で、将来的に共同で何か論文を書き、一緒に投稿しませんか?

Posted by: 梶野 | September 12, 2013 at 04:52 AM

 梶野さん

 ブログについて特にお知らせしなかったので失礼しました。
 コメントありがとうございます。

 共同執筆、いいですね。是非やりたいです!
 また打ち合わせしていきましょう。

 今後ともよろしくお願いします。

Posted by: アド仙人 | September 12, 2013 at 09:17 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81571/56998936

Listed below are links to weblogs that reference 北米アドラー心理学会誌に掲載:

« 呉式太極拳体験 | Main | 山梨でELM開催 »