« メタファーとしての早期回想 | Main | 「児童心理」掲載 »

March 13, 2013

今年度最後の講演

 昨日3月12日には東京エレクトロン韮崎文化ホールに行きました。ここは立派な音楽ホールがあって、クラシックやロック、Jポップのコンサートがよく開かれるところです。私も佐野元春のコンサートに行ったことがあります。

 今回は呼ばれて行ったのですが、残念ながら私に歌を歌わせてくれるわけではなく、講師としてです(当たり前か)。ホールだけでなく立派な会議室もあるんですね。

 全国健康保険協会山梨支部(協会けんぽ)の研修会で、「働く人のメンタルヘルス~こころの健康を保つには」というお題で話をしてきました。保健所の「出張メンタルへルス講座」という事業の一環で、山梨県北部の会社や事業所の社会保険の事務担当者50人ほどが参加してくれました。

 これで今年度の研修会は最後になります。

 今年度は開業して一年目にもかかわらず、ありがたいことにたくさんの団体様から声をかけていただいて、講師を務めさせていただきました。
 改めて、今こういうテーマのニーズは多いことを実感しましたね。しかし東京の有名講師や学者を呼ぶには予算がない自治体や団体は、私のような地元の者が呼びやすいのかもしれません。

 臨床だけでなく、アドラー心理学や認知行動療法、ブリーフセラピーを学んでいたことが本当に役に立った一年でした。
 数をこなしたおかげで、基本人見知りの自分(ホントだよ)も、いくらかプレゼンが上手くなりました。

 来年度も呼ばれれば、どこへでも行くつもりです。

 お問い合わせ、ご相談は、心理臨床オフィス・ルーエへ。

|

« メタファーとしての早期回想 | Main | 「児童心理」掲載 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 今年度最後の講演:

« メタファーとしての早期回想 | Main | 「児童心理」掲載 »