« 気と心理ワークショップ | Main | 賢者を訪ねる »

April 02, 2013

TPPについてディベート

 最近ある知り合いのアメリカ人とTPPについて熱いディスカッションしました。というとなんかカッコよさげですが、英会話もろくにできないので、日本語まじりのブロークン・イングリッシュで、結構メチャクチャなやり取りでした。

 まあ、それでわかったのは、アメリカ人は(といっても一人ですが)、自由貿易を本当に純粋に信仰しているということでした。TPPは、日本のためになると主張して、ゆずらないのです。「自由」という言葉に弱いみたいです。

 彼によるとTPPによって、食べ物の値段が下がる、商品の選択肢が増える、日本は一部の企業が独占しすぎている、どこへ行っても同じものしか売っていない、ということでした。

 彼の主張で痛いところ突かれたと思ったのは、そもそも日本の農業の後継者のなり手は減り続けていて、あと数十年もすればいなくなるのに、海外から食料を入れないではやっていけないに決まっているではないか、というものでした。ここは日本の弱点だとは思います。

 私は、デフレ下で供給を増やしてどうする、多国籍企業による支配やISD条項や医療保険の話をしても全く眼中になく、「マクドナルドだって多国籍企業、セブンイレブンの社長は日本人だろ」「日本の医療はアメリカより遅れている」みたいな言い方で、おまけに日本の牛肉はまずくて、アメリカの牛肉は「very delicius」といういう始末です。確かに、アメリカ人には霜降りは口に合わないだろうけど。

 彼は日本人を奥さんにしたくらいの親日家ですが、アメリカの制度は優れている、自由貿易は絶対正しい、という信念は強いようでした。

 山梨での日米交渉は決裂しましたが、彼らはディベートには慣れているので、話してみるとなかなか外国人との議論は大変だなあと思うのでした。もっと英会話ができるようになって論破してやりたいですね。

 しかし彼は、9.11は完全に自作自演と言ってました。あの前日までに柱に穴をあけて爆薬を仕掛けたから、あんな風に崩れ落ちたと断言していました。そこは意見は一致しました。
 一般のアメリカ人にもそう思っている人は少なくないようです。

|

« 気と心理ワークショップ | Main | 賢者を訪ねる »

Comments

おひさしぶりです。ごぶさたしております。

朝6:45分からのNHKラジオ英会話を聴いていますが、なかなか上達しません。
僕は、AA(アルコホーリクス・アノニマス)のメンバーですが、池袋の会場を借りて、英語ミーティング・グループを立ち上げる計画を進めています。年内にオープンさせたいです。
テキストの読解と英作文は机上のトレーニングで進歩しますが、ネイティブスピーカーと対面しての対話(英会話)は、実体験を積むしかないですね。
英語での対話は、相手の土俵で勝負ですから、対等化するための戦術が必要だと思ってます(口語表現ではない、論理的なロングセンテンスで圧倒するとか、日本語を巧みに織り交ぜるとか・・・)。

9.11は、イスラム社会を排撃する根拠を強化するための自作自演だったのですね。とても納得がいきました。

確かな検証はできていないのですが、歴史学を研究してきた同僚(予備校の教員)から聞きました。
第二次世界大戦における日米対戦は、財界の陰の大物たちが計画的に仕組んだ対戦だった、という分析と見解です。
考えてみれば、日米両国にとって、戦後のメリットは多大だったからです。
アメリカは、日本列島を防波堤と基地にして、旧ソビエトと中国の脅威に対抗することが可能になりました。日本を、アメリカの小麦粉や粉ミルクなどの食料品だけでなく、映画・音楽・ファッションなどの商業文化の大消費国にすることができました。
日本は、敗戦によって軍部を解体させ、アメリカの協力と指揮を得ながら、民主化と経済復興を進めることができました。財界の仕掛け人たちは、高度経済成長の達成までを、見通していたのでしょう。
あくまでも、一部の歴史研究者たちの分析と見解です。

アメリカは、その後の朝鮮戦争もベトナム戦争も青写真(構想)に含めていたのでしょう。
専門家ではない僕が書くと、説得力が薄いので、ここまでにいたします。失礼をお許しください。

taichiさんの日記で、意義の豊かな勉強をさせてもらってます。
ありがとうございます。

Posted by: 行動 | April 02, 2013 at 05:00 PM

 行動さん

 AAの英語なんて企画があるんですか。すごいですね。実現することを祈っています。

 外国人との議論はそれ自体は刺激的で、語学習得のエンジンになると思いました。行動さんも頑張ってください。

Posted by: アド仙人 | April 02, 2013 at 06:03 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81571/57084140

Listed below are links to weblogs that reference TPPについてディベート:

« 気と心理ワークショップ | Main | 賢者を訪ねる »