« 橋下さんの身体意識 | Main | 「『むすび』の武術と植芝盛平」 »

May 24, 2013

ペップトーク

 23日(木)夜、甲府市総合市民会館で行われたペップトークの講演会に行ってきました。私の太極拳の生徒さんでコアコンディショニングのインストラクターをやっている人も一緒でした。

 講師は日本ペップトーク普及協会の会長・岩崎由純さんが来県、長年ナショナルチームのアスレチック・トレーナーとしてトップ選手を励ましてきただけに、とてもエキサイティングで楽しい講義でした。
 岩崎先生は超人気講師として、1年200回以上も講演して、ペップトークの普及に努めているそうです。他に、日本コアコンディショニング協会の会長として、通称コアコンの指導、普及もしています。
 今回私の太極拳の生徒さんだった人が実行委員会会長だったこともあり、私自身も以前岩崎先生のコアコンの講習会も受けたことがあったので(体幹トレーニング体験)、聴きに行ったのでした。

 ペップトークとは、主にスポーツ場面で選手を励ますのに指導者やリーダーが試合前、本番前に使う「短い激励のメッセージ」のこと。「短くて」「わかりやすく」「肯定的な」「魂を揺さぶる」「人を勇気づける」言葉かけとされています。

 よく試合前のロッカールームで、コーチや監督が選手たちに向けて熱く語りかける場面がありますが、そのようなときに使われます。

 まさにピンポイントの勇気づけです。

 これまでの日本の指導場面は「外すな」「負けるな」「ミスするな」とマイナスに注目することで、かえってミスを誘発することになってしまいがちでした。

 しかし、ペップトークは徹底的にポジティブです。

 実際お話しされたことの考え方や技術はアドラー心理学の勇気づけそのものでした。

 基本健常な元気のいい人たちが乾坤一擲の大勝負のようなときに励ます言葉ですから、テンションが高いのは当然で、先生の体験談や事例のお話をうかがっているとスポーツの楽しさや喜びが伝わってきました。

 教育のような日常場面ではもう少しテンションを低くなるかもしれませんし(でも高い人もいるか、赤坂真二先生みたいに)、臨床では基本元気がない人たちなのでかなり低いところからスタートするだけで、やること、考えるべきことは同じであることを確認できました。

 岩崎先生のペップトーク、一度は聴く価値がありますよ。

|

« 橋下さんの身体意識 | Main | 「『むすび』の武術と植芝盛平」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81571/57448502

Listed below are links to weblogs that reference ペップトーク:

« 橋下さんの身体意識 | Main | 「『むすび』の武術と植芝盛平」 »