« 東京にオリンピックかあ | Main | ハラスメント研修 »

September 12, 2013

レクリーエション・グループワーク

 立教大学等でアドラー心理学を研究している浅井健史先生より案内をいただきました。先生のもう一つの研究テーマ、グループワークに関するものです。グループワークは、教育者、臨床家には必須の知識、技能です。是非、ご参加ください。

(転載貼付開始)

013年度 IP心理教育研究所ワークショップ

カウンセラーが使える

レクリエーション・グループワーク

「レクリエーション・グループワーク」は、ゲーム/遊び/ボディワーク/表現活動などを有機的に組み合わせるとともに、集団の持つ治療効果を活用し、参加者の精神的健康の促進やストレスの軽減、互恵的な集団風土の形成を目指す方法です。カウンセラー/心理臨床家が個人への心理面接だけでなく、こうした集団に対する予防的・成長促進的なアプローチを習得すると、実践活動の幅は大きく広がります。

これまで十数年にわたり、グループ運動表現療法の形式で、精神科デイケア・学校・留学生支援・研修会などの現場でレクリエーション・グループワークを実施してきました。本講座ではその基盤となる理論や発想を概説するとともに、さまざまな創作ゲームやワークを実際に体験しながら、具体的な実施方法や留意点を学びます。質疑やディスカッションもまじえて、今後の実践の参考になる、実りある時間にできればと思います。関心をお持ちの皆様に、ぜひご参加くださいますよう、ご案内申し上げます。

 

◇日時   2013年 10月13日(日) 10:00-17:00

◇場所  IP心理教育研究所 渋谷区代々木2-23-1 ニューステイトメナー1312号室

JR新宿駅南口またはJR代々木駅より徒歩5分

◇参加費     3000円(当日にお支払いください)

◇参加資格    大学3年生以上で、心理臨床及びその周辺領域に関心のある方。

または教育・福祉・医療など対人援助の実践に携わっている方。

◇参加申込  浅井のメールアドレス(aae19090@c05.itscom.net)までお申込み下さい。

お問い合わせも、こちらまでお願いいたします。

◇申込期限    106日(日) ※ただし定員(12名)になり次第、締め切らせて頂きます。また、申込人数が3名未満の時には、開催中止となる場合がございますので、ご了承ください。

◇講師   浅井 健史 ・・・ 臨床心理士

立教大学/明治大学/目白大学/相模女子大学 非常勤講師 

東京都市大学/国際交流基金日本語国際センター カウンセラー 等

(転載貼付終わり)

|

« 東京にオリンピックかあ | Main | ハラスメント研修 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference レクリーエション・グループワーク:

« 東京にオリンピックかあ | Main | ハラスメント研修 »