« 10月革命? | Main | 「気持ちがいい」を大切に »

October 02, 2013

「子どものよさを生かすポジティブ思考」

 今発売中の「児童心理2013年10月号臨時増刊 子どものよさを生かすポジティブ思考」(金子書房)に、日本臨床・教育アドラー心理学研究会でご一緒させていただいている会沢信彦先生(文教大学)が「勇気づける-アドラー心理学の視点」というタイトルで寄稿しています。冒頭にその会のこともちょっと出ています。

 また他に、松崎学先生(山形大学)という方が、STEPというアドラー心理学のペアレント・トレーニング・プログラムを元に教師教育をしていることが報告されていて(「教師の成長とポジティブ思考」)、何気にアドラー心理学が二つも登場しています。

 他にブリーフセラピーや認知行動療法、交流分析、そして最近注目のポジティブ心理学についてそれぞれの研究者、実践家が書いていて、臨床、教育心理学分野で現在大きな潮流になっているポジティブ・アプローチが出そろっているようで、お得感があります。

 教育相談の先生やスクールカウンセラーには大いに参考になると思います。

|

« 10月革命? | Main | 「気持ちがいい」を大切に »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「子どものよさを生かすポジティブ思考」:

« 10月革命? | Main | 「気持ちがいい」を大切に »