« 「いじめの構造」 | Main | 依存症研修と発達支援研修 »

December 01, 2013

エンジン01

 30日(土)は山梨学院大学で「エンジン01文化戦略会議 オープンカレッジin甲府」があり、私のオフィスのすぐ目の前ということもあり、行ってきました。

 これは功なり遂げた文化人、学者が毎年各地域をまわって、シンポジウムのような講座を開くというもので、今年は富士山の世界遺産の記念もあってか山梨の開催。実行委員長は林真理子さんでした。

 とにかく規模は大きく180人ぐらいの講師が来県、100以上の講座があったようです。テレビや出版で有名な人が大量に来るめったにない機会というので、会場はたくさんの人たちで大変混雑していました。

 私は4つの講座に参加。

 精神科医・和田秀樹氏と同じく精神科医・田島治氏の「登場!うつ病の救世主」、作家・井沢元彦氏、漫画家・里中満智子氏らの「戦国武将の人事学」、言わずと知れた脳科学者・茂木健一郎、文化人類学者・船曳建夫氏らの「歴史上一番真剣だった日本人」、そして評論家・井上章一氏、作家・岩井志麻子氏らの「性欲の研究 エロがアジアを救う」でした。

 他にも面白そうなのがいっぱいあったけど、時間が重なり断念しました。ちなみに東京都知事・猪瀬直樹氏は東京五輪招致の成功話をする予定だったけど、やっぱりこんな状況では出られないということでしょう、キャンセルだったみたいです。

 講座の内容もさることながら、見覚えのある有名人がそこらじゅうにいるのは、さすがにミーハー気分が高揚しますね。同じ山梨県人ですが林真理子さんをナマで見たのは初めてで、気づいたらすぐ目の前を歩いていました。辰巳琢郎さんも見たな。

 29日からの3日間のイベントで、この日だけで他にも山本益博、三枝茂彰、勝間和代、阿刀田高、藤原和彦、和田裕美、磯田道史、安倍譲二、玉木正之、有働由美子、中井美穂、ちばてつや、わたせせいぞう(敬称略)などなど、「不倫」がテーマの講座には何と石田純一までご参加。他の日には中田英寿、秋元康の名もありました。

 中でも印象的なのは茂木健一郎さんで、ものすごい多動っぷりでビックリしました。本人も仰ってましたが、全然落ち着かないで、シンポジストの席に座らず、常に立ち歩いてうろうろしてました。思わずフロアから、「テレビに出るときはどうしているのですか?」と質問が出て、「前頭葉で抑えている」との茂木さんの答えで、けっこう無理しているようで、こういう時は素で動くらしいです。しかもすごい早口で、やっぱり頭の切れが良い人だと思いましたね。

 一番面白かったのは岩井志麻子さんで、エロがテーマだったのですが、岩井さんがAVの監督をしたことやAV女優や風俗嬢の話など、ちょっとここでは書けない暴露話のオンパレードで、会場は大笑いでした。すごいキャラの人ですね。

 これで地方文化が振興されたのかわかりませんが、確かに物珍しく、たまにはこういう知的なお祭りもいいとは思いました。

 

|

« 「いじめの構造」 | Main | 依存症研修と発達支援研修 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81571/58680304

Listed below are links to weblogs that reference エンジン01:

« 「いじめの構造」 | Main | 依存症研修と発達支援研修 »