« 北杜市のガウディ | Main | 委員長になっちゃった »

June 09, 2014

学校心理士でアドラー心理学

 日本学校心理士会2014年度大会(文教大学)で、アドラー心理学の企画が二つあります。

 8月30日(土)に自主シンポジウム「教育に生かすアドラー心理学」(時間はまだ未定)。

 前記事で紹介した、自力で自宅を造ってテレビに出演した佐藤丈先生が企画者です。陣容は、

企画:佐藤丈(山梨県総合教育センター)、会沢信彦(文教大学)

司会者:佐藤丈(山梨県総合教育センター)

話題提供者:野々口博幸(青森県総合学校教育センター)
        原田武敬(埼玉県公立小学校)
        原田綾子(Hearty Smile)

指定討論者:諸富祥彦(明治大学)

 なかなかすごい面々ですよ。私もできたらうかがおうと思っています。

 そして翌31日には研修会。

「アドラー心理学による心理教育的援助サービス」

講師は、鈴木義也先生(東洋学園大学)。

(概要)

⑧ アドラー心理学による心理教育的援助サービス 鈴木 義也(東洋学園大学)

アドラー心理学はフロイトやユングと同時期に起源を持つ老舗の心理学であり、独自の蓄積を発展させて現在に至っている。それは臨床心理学を教育に輸出するというより、もとから家庭や教育や社会までを守備範囲としたものである。日本でも教育分野でアドラー心理学の書籍を見かけることは少なくない。今回はアドラー心理学を現場でどのように用いるかを具体的技法を交えて実際にお伝えする。
子どもの行動の目的を推理することでこちらの見る目が変わり、自分の意見をしっかり伝え、責任感を育てる教育方針は多様な場面でとても役立つものである。アドラー心理学は子どもを人を大切にする責任ある大人に育てる心理教育的援助サービスである。

 2日間にわたってアドラー心理学を学ぶチャンスです。

 関係者、関心のある方は是非ご参加ください。

 大会HP http://www.pac.ne.jp/gakkoushinrishi2014/index.html

 

|

« 北杜市のガウディ | Main | 委員長になっちゃった »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81571/59788941

Listed below are links to weblogs that reference 学校心理士でアドラー心理学:

« 北杜市のガウディ | Main | 委員長になっちゃった »