« 緊急支援とビジュアル表現力 | Main | 里親更新研修 »

July 16, 2014

「マンガでやさしくわかるアドラー心理学」

 ついに出た!
 アドラーブームの一つの頂点です(まだまだ続くと思うけど)。

 岩井俊憲著、星井博文シナリオ制作、深森あき作画「マンガでやさしくわかるアドラー心理学」(日本能率マネジメントセンター)

「マンガ日本の歴史」や「ベルサイユのばら」「忍者武芸帳」(古い…)で歴史を学び、学研の「からだの不思議」とか「不思議シリーズ」という題だったか、数々のマンガ教養書で勉強した者にとっては、本書の登場は大肯定です。

 マンガと侮ってはなりません。

 さすがは岩井先生、かなりアドラー心理学について突っ込んで説明しています。エッセンス満載で、これだけで十分入門レベルになるでしょう。
 マンガのストーリーもよくできて、マッチしています。

 主人公のように、私もアドラーの霊にとり憑かれたい。
 小太りで頭の丸いアドラーは、意外にゆるキャラ的要素があるということも今回知りました。これは盲点だったかも。

 本書の設定から私は、ミルトン・エリクソンの「私の声は貴方ともにある」とかいう言葉(催眠暗示?)を個人的には思い出しましたな。

 心理学や哲学っぽいのは敬遠する貴方、このくらいは読みましょう。

|

« 緊急支援とビジュアル表現力 | Main | 里親更新研修 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81571/59994767

Listed below are links to weblogs that reference 「マンガでやさしくわかるアドラー心理学」:

« 緊急支援とビジュアル表現力 | Main | 里親更新研修 »