« アドラーシンポ超満員! | Main | スプーンが曲がった! »

September 04, 2014

神門メソッド

 9月2日(火)は山梨県北杜市の八ヶ岳山麓のある場所で興味深いワークショップがありました。

「神門メソッド」を紹介するもので開発者の飯島敬一先生が、実に楽しいワークを展開してくれました。

 神門とは耳たぶの内側上部にあるツボで、ここを中心に耳たぶを引っ張ったり揉むと、自律神経の安定、肩こりや高血圧の改善、イライラや気分の安定や能力アップにつながるという驚くべき効果があるというのです。
 神の字が使われているだけあって、極めつけのツボらしいですよ。

 私の太極拳の兄弟子に当たる人が飯島先生とコラボの仕事していたり(下記のサイトの神門爆睡セミナーという動画で出ています)、私の生徒で治療師をやっている人が、飯島先生の東京のセミナーに参加してよかったという報告を受けたので、好奇心旺盛な私は地元山梨でそのご本人が来られるというので、早速参加したのでした。

 感想ですが、確かにこれはかなりいいかもしれない、という感触を得ました。目がスッキリとして気分も晴れやかになり、身体の柔軟性もいきなり高まりました。飯島先生も仰ってましたが、神門メソッドのいいところは即効性がある、すぐに効果を検証できるというところです。やってだめでも副作用もなさそうだし。

 医学者も注目しているということですが、これはちゃんと研究するといいのではないかと思いました。

 私は、何か具体的な対処法や緊急避難的な対応を伝えたいときにTFT(思考場療法)というツボ刺激による心理療法をよく使うのですが、神門メソッドもそのレパートリーに加えてもいいかもしれないと思いました。

 この方法、なかなかスピリチュアル的なところがあるから臨床心理士などは引いちゃうかもしれないけど確かな効果はあるようです。私は武術や気功を知っているので、別に驚きませんが。

 心理臨床家、カウンセラーはじっくりカウンセリングするのもいいけど、こういうスキルを知っておくことが非常に重要だと思っています。

 神門メソッド

 神門堂

|

« アドラーシンポ超満員! | Main | スプーンが曲がった! »

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 神門メソッド:

« アドラーシンポ超満員! | Main | スプーンが曲がった! »