« 高校生に講演 | Main | なぜ解散? »

November 16, 2014

「高校生のためのアドラー心理学入門」

 前記事で高校生に講演したという話をしましたが、そのネタ本の一つです。

 岸見一郎著「高校生のためのアドラー心理学入門―なぜ自分らしく生きられないのか」(アルテ)

 といっても、確かにタイトルは高校生向きとなっていますが、岸見先生らしくいきなりソクラテスが出てきたり、けっこうレベルは高いので、普通の高校生には難しいのではないかなあと思ったりします。
 講演では基本の発想はいただきながら、そこは私なりの話術というか、キャラで内容はかなり違うものになったと思います。

 面白くわかりやすく話すのは、ある意味お家芸ではあります。

 それにしても昔は、三木清とか松田道雄とか亀井勝一郎みたいな若者向け人生指南の名著がありましたが(かなり昔ですが)、最近はどうなんでしょう。いまどきの高校生や大学生はどんな人を参考にしているのでしょうか。
 本書がその役割を果たすようになるといいですね。

|

« 高校生に講演 | Main | なぜ解散? »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81571/60663873

Listed below are links to weblogs that reference 「高校生のためのアドラー心理学入門」:

« 高校生に講演 | Main | なぜ解散? »