« 「アドラー心理学に学ぶ部下育成の心理学」 | Main | 「リフレーミングの秘訣」 »

December 01, 2014

菅原文太さん、死去

 菅原文太さんが亡くなったそうです。

 最近は山梨県の北杜市で有機農業を営んでいて、農や反原発などで活発に活動していたから、割と近くだしいつかお会いできると思っていました。でも永遠にその機会はなくなってしまいました。

 個人的な思い出としては、20代に知的障害児施設で働いていたときに、入所していた障害児の男の子が「トラック野郎」が大好きで、いつも一緒にビデオを見ていました。その子は、文太さんのアクションや電飾のトラックが面白かったのでしょう。あまりにも毎日見るので、私はセリフを覚えてしまうくらいでした。

 小柄だけど、骨太い感じが好きな俳優でした。

 テレビで追悼映画をやればいいけど、高倉健さんのときもそうだけど、今はヤクザとか違法トラックなんか出せないだろう。別に楽しめばいいじゃないかと思うけど。きっと文太さんも息苦しい世の中になって、これはいかんと思って、声を上げていたのかもしれません。

 宮城出身なのに、葬儀はなぜか太宰府天満宮で行われたらしい。菅原道真公のところで神道による葬儀って、「菅原」つながりで子孫なのかとネットで騒がれたけどどうなんでしょう。日本が安倍やネオコン一派でろくなことにならなくなったら、是非怨霊になっていただきたいと思う次第ですな。そのくらいのパワーはありそうです。

 私も来年は50だし、そろそろいつ死んでもいいように支度でもしておくかな。

|

« 「アドラー心理学に学ぶ部下育成の心理学」 | Main | 「リフレーミングの秘訣」 »

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 菅原文太さん、死去:

« 「アドラー心理学に学ぶ部下育成の心理学」 | Main | 「リフレーミングの秘訣」 »