« 「解決志向の実践マネジメント」 | Main | 「マンガでやさしくわかるNLPコミュニケーション」 »

December 19, 2014

研修2つ

 2月18日(木)の午前中は、やまなし勤労者福祉会という介護施設などを複数経営する団体の管理職研修で講師をしました。 「リーダーシップとコミュニケーション」というタイトルで、施設長の皆さんに解決志向アプローチの発想と質問技法を紹介しました。

 専門性が高い集団なので、どうやって新人や業務にまだ十分になじめない人に早く力をつけてもらい、職場に所属感を持ってもらうかが課題のようです。

 今後は同団体が所有するいくつかの施設を私が巡回して、職員間、上司・部下間のコミュニケーションについてコンサルテーションをしていく予定になっています。

 午後は帝京山梨看護専門学校で、全校学生約260人に講演をしました。場所は山梨県立図書館のホールでした。 「メンタルヘルスとポジティブシンキング」というテーマをいただき、看護師を目指す皆さんに認知行動療法に基づいたストレス対処の考え方、リラクセーションのコツ、アドラー心理学の勇気づけについて2時間半、お話ししました。けっこう学生さんたちは実習や国家試験などでストレスをため込んでいるらしいです。現場に出てからも当然もっとストレスはある訳で知っておいてほしいところですね。

 これは学生さんたちが企画、運営している催しらしく、毎年一人を呼んで地域にも呼び掛けている公開講座らしいです。去年は落語家だったとか。私のような別に著名な学者でもない者を呼んでいただき光栄です。
 質疑も活発に出て、若い人たちとのやり取りが楽しかったですね。

 管理職とこれから社会に出る若人という極端に違う団体で1日話をしていて、なんか面白かったです。

|

« 「解決志向の実践マネジメント」 | Main | 「マンガでやさしくわかるNLPコミュニケーション」 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81571/60832638

Listed below are links to weblogs that reference 研修2つ:

« 「解決志向の実践マネジメント」 | Main | 「マンガでやさしくわかるNLPコミュニケーション」 »