« タイの快楽 | Main | 「人生の意味の心理学」 »

January 18, 2015

日本臨床・教育アドラー心理学研究会第5回大会

 日本臨床・教育アドラー心理学研究会の第5回大会をやります。毎年この時期に恒例になってきた感があります。

 日本で活躍するアドレリアン諸氏が立場の違いを超えて集まり、交流することを目的としていて、今年はさらにその感じが強くなっています。

 児島史篤先生(ヒューマン・ギルド会員)は、若くして保育園(にっこりハウス)を設立し、アドラー心理学の実践を通して子どもたちの育ちを支えています。とてもエネルギッシュで活動的で、愛すべきキャラクターです。楽しい話が聞けると思います。

 浅井健史先生は、心理臨床家として、武道家として、私も交流させていただいている方で、勇気づけの実証的研究を何年も続けていて心理臨床学会での発表を重ねています。アドラー心理学で勇気づけなんて当たり前のようですが、「では一体それは何だ?」と改めて検討することはとても大切なことと思っています。
 昨年のアドラーブームより10年ぐらい前か、ごま書房の「アドラー博士シリーズ」でアドラー心理学を世に広めてくれた星一郎先生のIP研究所関係から、昨年の箕口雅博先生(立教大学)に続いて出ていただくことができました。

 向後千春先生は早稲田大学アドラー心理学研究会を主宰し、すでに専門の心理学、教育工学で大活躍をしており、私から見ると本流の心理学者という印象です。統計学や教え方、文章技術のわかりやすい本をたくさん出されていますが、昨年はアドラー心理学の本をついに出版しました。とても高度かつ明快なお話が期待できます。しかも日本アドラー心理学会関係からのご登壇ですから注目です。

 たった1日ですが、内容の濃い時間になると思います。昨年のブームがきっかけでアドラー心理学を知ったばかりの人でももちろんかまいません。少しディープにアドラー心理学を知っていただくきっかけにしていただければうれしいです。

 お申し込みはこちらへ。 http://kokucheese.com/event/index/253032/

(転載貼付)

 アドラー心理学を臨床や教育の現場で活かす「日本臨床・教育アドラー心理学研究会」も今回で第5回目を向かえることができました。
  今回は、午前に研究報告と事例検討を行い、ランチセッションを挟んで、午後は講演会を予定しております。
 すでにアドラー心理学をご存じの方、今後アドラー心理学に触れてみたい方の学びの場として本会が貢献できることを願っております。お互いの研鑚を深め日々の活動を豊かにするために多くの方のご参加をお待ちしております。
                       鈴木義也(東洋学園大学人文学部教授)
                       会沢信彦(文教大学教育学部教授) 
                       深沢孝之(心理臨床オフィス・ルーエ)

1.日 時
  2015年3月1日(日) 10:00~16:00

2.場 所
  文教大学越谷校舎 13号館4階 13401教室
  学生食堂2階(ランチセッション)
  
  *東武スカイツリーライン北越谷駅下車徒歩12分*

3.参加費
  5,000円(昼食代含む) ※当日支払い

4.内 容
  10:00  開会挨拶
  10:05  研究報告(立教大学講師 浅井健史 氏)
          人はどのように勇気づけられるのか?
          ―「勇気づけ」の関連要因とメカニズムに関する研究から―
  11:15  事例検討(にっこりハウス園長 児島史篤氏)
          アドラー心理学を活かした発達障害支援
          ─乳幼児から大人まで、当事者・家族・支援者・三つの立場からの実践報告─
  12:45  ランチセッション(昼食を取りながらの懇親会)        
  14:15  講演(早稲田大学教授 向後千春 氏)
          アドラー心理学研究のこれまでとこれから
  16:00  閉会

5.参加資格
  教育あるいは対人援助に携わる専門職の方、もしくはその分野の学生

6.申込方法
  このこくちーずのページからお申込み下さい。
   http://kokucheese.com/event/index/253032/
  ※当日参加も可能です。

7.問合せ先
  文教大学教育学部心理教育課程 会沢 信彦
   〒343-8511 埼玉県越谷市南荻島3337
   TEL 048-974-8811  FAX 048-974-8877
   E-mail aizawa@koshigaya.bunkyo.ac.jp 
   日本臨床・教育アドラー心理学研究会HP  http://adlerian.jimdo.com


※ 学校心理士の方は更新ポイントB研修会(B-14-226)となります。

|

« タイの快楽 | Main | 「人生の意味の心理学」 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81571/60992313

Listed below are links to weblogs that reference 日本臨床・教育アドラー心理学研究会第5回大会:

« タイの快楽 | Main | 「人生の意味の心理学」 »