« 「沈みゆく大国 アメリカ」 | Main | 「ぼくらの身体修行論」 »

March 17, 2015

「アドラー心理学を深く知る29のキーワード」

 アドラー心理学が知られるにつれ、代表的なキーワードも人口に膾炙しつつあります。「勇気づけ」「劣等感」「共同体感覚」「目的論」などでしょうか。

 でも、非常に包括的な理論体系、実践分野を持つアドラー心理学ですから、もちろんそれだけではありません。
 最近アドラー心理学を知った人も、以前から学んでいた人も、タイトル通りさらに深く学べるのが、梶野真著・岩井俊憲監修「アドラー心理学を深く知る29のキーワード」(祥伝社新書)です。

 アドラー心理学用語をいくつも知ることで、その幅の広さ、理論の深さを感じられるでしょう。

 著者の梶野さんは、昨年までアメリカのアドラー心理学大学院で学んできた方で、最先端の状況をよくご存知です。それだけに、何人かのアドラー派の心理学者、カウンセラーの名前が出てきて、自称アドラーおたくの私にはとても興味深いですね。
 最近、私もちょっとした原稿を書いているので、大いに参考にさせていただきました。

 梶野さん自身の留学体験も最後にあって、誠実にアドラー心理学に向き合う姿に感銘しました。

 かなりお薦めですよ。

|

« 「沈みゆく大国 アメリカ」 | Main | 「ぼくらの身体修行論」 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81571/61297317

Listed below are links to weblogs that reference 「アドラー心理学を深く知る29のキーワード」:

« 「沈みゆく大国 アメリカ」 | Main | 「ぼくらの身体修行論」 »