« Kさんのこと | Main | 「合気眞髄」 »

April 03, 2015

「白川静 文字学入門 漢字なるほど物語」

 内田樹先生とかよく知識人の方が、漢字学の大家・白川静先生を引用するので、何となく知っていましたが、きちんと接したことはありませんでした。たまたま図書館で目にして、この機会に読んでみようと借りたら面白かったです。

小山鉄郎「白川静 文字学入門 なるほど漢字物語」(共同通信社)

 タイトル通り「なるほど」と思うことの連続で、初学者にはとてもよかったです。新聞連載が本書になったみたいです。

 漢字ってひとつがわかるとパズルみたいに謎が次々に解けていくものなのですね。これははまるのがわかる気がする。

 私など最近は対人関係の仕事じゃなくて、こういう文字や文献とにらっめこするような世界もよかったなあと思うこともあります。疲れてますね。時折触れてみようと思います。

 ちなみに「勇気」の「勇」は、上の部分は手桶のような筒型のものを表し、下の力を合わせると農具の鋤を表すそうです。
 そこから、「農地を耕すには力が必要で、自分の内側にためた力を一気に外に出さなくてはなりません。このように内にためたものが、外にわき出すようにおどり出て、一気に事をなそうとする力のことを『勇』と言います」とあります。

「内に力が充満して、それが一気に外に出ること」が「勇」であるそうで、やはり古来から活力とかエネルギーという側面が強い言葉のようです。

|

« Kさんのこと | Main | 「合気眞髄」 »

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「白川静 文字学入門 漢字なるほど物語」:

« Kさんのこと | Main | 「合気眞髄」 »