« 家族療法研修会 | Main | ブリーフサイコセラピー学会参加 »

July 16, 2015

「勇気の心理学」

 勇気、勇気づけといえばアドラー心理学ですが、ポジティブ心理学という分野でも勇気への注目が高まっているようです。

  Cynthia L. S. Pury and Shane J. Lopez「The Psychology of Courage - Modern Research on An Ancient Virtue 」は洋書ですが、勇気についての心理学的研究の現状がたくさん報告されています。

 冒頭でも著者らは、「心理学者の勇気への関心は極めて限定的だった。心理学は不安などの研究は盛んだったが、勇気は研究のトピックにさえなっていなかった」と指摘し、これからの勇気研究の必要性が主張されています。

 本書では哲学に始まる勇気の研究の歴史から、現代心理学での勇気の分類、定義が様々になされています。しかしマズローやロロ・メイへの言及はあるのにアドラーがないのはいかんですな。勉強不足と言っちゃいますよ。

 勇気の分類としては「一般的勇気」「軍事的勇気」「倫理的勇気」「心理学的勇気」など、勇気の発揮される領域によっていくつもあります。ひと言で勇気といってもその現れ方はいろいろあるので、勇気づけだからといって何でも同じに考えたり、実践するのは不適切になる可能性があります。

 あまり臨床的な内容はないのですが、勇気を考察するときに参考にしたいと思います。

 ところで、明日から学会で週明けまで県外にいます。更新は少しお休みさせていただきます。その間「アドラー臨床心理学入門」などをお読みいただけるとうれしゅうございますわ。

|

« 家族療法研修会 | Main | ブリーフサイコセラピー学会参加 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81571/61897028

Listed below are links to weblogs that reference 「勇気の心理学」:

« 家族療法研修会 | Main | ブリーフサイコセラピー学会参加 »