« 日本臨床・教育アドラー心理学研究会 2015年研修会 | Main | 「アドラー臨床心理学入門」入りました »

September 06, 2015

催眠とオリンピック

 久しぶりの更新です。

 週末は東京の日本体育大学に行っていました。日本催眠医学心理学会第61回大会に参加するためです。

 会場までは桜新町駅からバスです。桜新町はサザエさんの街ということになっているのですね。サザエさんの像があったり、商店街には絵が飾られていました。

Photo

Photo_2

 会場の日本体育大学の周辺は、世田谷区深沢というところで、どこへ行っても深沢ばかり。深沢中学や深沢高校、深沢不動尊というのもありました。私の姓であふれていて、もしかして私の領地ではないかと思ってしまいそう。もちろん、我が深沢家とは何の関係もありません。
 でも親近感がわきます。
 

 ところで、日本催眠医学心理学会は今回第61回大会なので、とても歴史のある学会です。

 今回の学会のテーマは「催眠とオリンピック」。

 今なにかと話題のオリンピックがテーマなだけに、何か面白いネタはあるかなと興味津々で行きました。

Photo_3

 スポーツ心理学者とか国立スポーツ科学センターでアスリートのメンタルトレーニングをしている研究者などから興味深い話を聴けました。

 アスリートへのメンタルトレーニングの先駆けは前回の東京オリンピックの時らしいですね。それ以後は、スポーツへの心理学、催眠の応用は下火になっていましたが、80年代、ロサンゼルス・オリンピックの頃からまた活発に研究、実践されるようになったそうです。

  講師からはアスリートの指導の実際やこういう分野の研究の難しさや、ゾーンとかピーク・エクスピリエンスと呼ばれる一流アスリートたちの興味深い体験をいくつも話されて、とても面白かったです。

 現場では、今でも自律訓練法がけっこう使われているようです。

 催眠はなかなかとらえどころないけれど面白いです。

 あと日体大の理事長の松波健四郎氏(元衆議院議員)の講演があって、日体大と北朝鮮とのスポーツ交流の話など、なかなか聞けないエピソードもありました。さすがにエンブレムの話はなかったですけど。元レスリング選手だけあって、なかなか迫力のある人でした。

|

« 日本臨床・教育アドラー心理学研究会 2015年研修会 | Main | 「アドラー臨床心理学入門」入りました »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81571/62232064

Listed below are links to weblogs that reference 催眠とオリンピック:

« 日本臨床・教育アドラー心理学研究会 2015年研修会 | Main | 「アドラー臨床心理学入門」入りました »