« 「空手!極意化への道」 | Main | 同行援護従事者養成研修 »

October 19, 2015

研修会間近

 10月19日(月)は富士山麓にある富士北稜高校へ行き、「特別支援職員研修会」で講師、先生方に発達障害について話をしました。小中学校は特別支援教育の浸透で一般の先生方に発達障害についての理解が進んできましたが、高校はそれに比べるとまだまだという感じだそうです。

 実際進学や就職を前に、それまで何とかやってこれた発達障害、あるいはその傾向がある生徒たちはさまざまな困難に直面します。そういった人たちの理解に役立てば幸いです。

 さて、日本臨床・教育アドラー心理学研究会の研修会が近づいてきましたので、再掲します。当日申し込みでも受け付けますので、是非ご参加ください。

【日本臨床・教育アドラー心理学研究会 2015年研修会のご案内】

 アドラー心理学の最前線―アメリカのアドラー心理学、教育とキャリア形成を巡って―

   日本臨床・教育アドラー心理学研究会では、2015年度の研修会として、 梶野真先生に「アドラー心理学の最前線」と題して、アメリカのアドラ ー心理学の最新の知見を生かした研修を用意しました。  梶野先生はミネソタ・アドラー心理学大学院のアドラー心理学修士課 程を修了し昨年帰国され、今年早速、『アドラー心理学を深く知る29の キーワード』を出版され、新進気鋭のアドレリアンです。

 日本のアドラー心理学においても、海外との交流が更に望まれる状況 にあって、現地でアドラー心理学を肌で感じて来た帰国ほやほやの先生から多くのものを学べることを期待しています。言葉の壁や文化の壁の ためにひとりよがりに陥りがちな私たちの学びに国際基準の刺激をいた だければ幸いです。

 臨床や教育の現場に携わる方で、アドラー心理学を使っている方、こ れからのために学びたい方、学生の方など多くの方のご参加をお待ちし ております。

 尚、2016年2月28日(日)に日本臨床・教育アドラー心理学研究会第6 回大会を開催予定です。詳細は追ってお知らせします。

日本臨床・教育アドラー心理学研究会: 鈴木義也(東洋学園大学)・会沢信彦(文教大学) 深沢孝之(心理臨床オフィス・ルーエ)

日  時:2015年10月24日(土) 13:30~16:30

会  場:文教大学越谷校舎 受 講 料:3,000円(当日支払い)

講師: 梶野 真 氏(日本支援助言士協会講師)   拓殖大学商学部卒業後、ミネソタ・アドラー心理学大学院(Adler Graduate School)にてカウンセリング心理学修士課程修了。2014年7月 帰国。日本支援助言士協会講師、拓殖大学ボクシング部メンタルコーチ

参加資格:教育あるいは対人援助に携わる専門職の方、もしくはその分野の学生

申込方法:下記HPよりお申込みください。FAXでの申込みも受け付けま す。  http://kokucheese.com/event/index/329147/

  申込専用FAX 03-5256-0538  当日参加も可能です。

問い合わせ先:日本臨床・教育アドラー心理学研究会
 〒343-8511埼玉県越谷市南荻島3337   文教大学教育学部心理教育課程 会沢信彦  TEL 048-974-8811   E-mail:aizawa@koshigaya.bunkyo.ac.jp

 

|

« 「空手!極意化への道」 | Main | 同行援護従事者養成研修 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81571/62510209

Listed below are links to weblogs that reference 研修会間近:

« 「空手!極意化への道」 | Main | 同行援護従事者養成研修 »