« 少年鑑別所でSCの話 | Main | 対談:坂本玲子先生&和田秀樹先生 »

December 06, 2015

岩井先生、山梨で不登校・ひきこもり講演会

 12月5日(土)は、日本のアドラー心理学シーンを牽引してきたヒューマン・ギルドの岩井俊憲先生が来県し、講演がありました。

 主催は不登校、引きこもりの家族サポート、親グループを開いている「Let`s」。みんなアドラー仲間のお母さんたちたちです。テーマは「不登校・引きこもり~輝く未来へ! アドラー心理学からの勇気づけメッセージ」
 会場は甲府市総合市民会館大会議室です。この日のためにLet`sのみんなは何度もミーティングを重ねてきました。広報活動もパルシステム山梨の後援をいただいて地道に進めてきました。

 この日の流れは岩井先生のブログに詳しくありますのでご覧ください。
 アドラー心理学浸透率日本一の山梨で不登校・引きこもり講演

 私はサポート役として、駐車場に出て案内係やアンケートを集めたりチラシを配ったりしていました。駐車場がどんどん埋まっていくので、焦りましたよ。

 参加者は想定以上の130人越え!事前予想を大きく上回り、家族、当事者だけでなく福祉や医療、行政関係者など多岐にわたりました。テーブルに収まりきらず、椅子を並べて座っていただかなくてはなりませんでした。

 岩井先生は100人を越えても全くいつもと変わらず二人一組のワークを中心に講演を進め、完璧に全体を動かしていくので改めてすごいなあと感心しました。

 会場の総合市民会館の同じフロアには、偶然山梨県立大学教授で精神科医の坂本玲子先生が別の研修会で講師をしていらっしゃって、終了後駆けつけてくれました(岩井先生のブログに私と岩井先生と一緒に写っています)。

 講演会には山梨日日新聞の記者も来られ、今日の記事に載りました。

 その後夜は岩井先生と山梨アドラーネットの仲間20人と忘年会。私の心理臨床オフィス・ルーエのビルの1階のカフェ・レストラン、Kingyo-Teiで大いに盛り上がりました。

 年末に山梨でアドラー心理学の大きな花火が打ち上がった感じです。来年につながるエネルギーを得ました。

3

 

|

« 少年鑑別所でSCの話 | Main | 対談:坂本玲子先生&和田秀樹先生 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81571/62819680

Listed below are links to weblogs that reference 岩井先生、山梨で不登校・ひきこもり講演会:

« 少年鑑別所でSCの話 | Main | 対談:坂本玲子先生&和田秀樹先生 »