« 愛着か集団保育か | Main | 本能寺の変前後の甲斐 »

February 06, 2016

『100分de名著 人生の意味の心理学』

 今週のトピックは何といっても3日に、NHKEテレの「100分で名著」でアドラーが取り上げられたことでしょう。アドラーブームもここまで来たかという感じです。これをもって、アドラーとその心理学の名は日本社会に定着したといえるでしょう。
 
 番組冒頭の書店でアドラーブームを伝える画像に、私が監修した『ブレない自分の作り方』(PHP研究所)も映っていました。うれしいことです。
 
 番組で取り上げたのは『人生の意味の心理学』、アドラーがアメリカで出したベストセラーです。語るのはもちろん、日本のベストセラー、 『嫌われる勇気』(ダイヤモンド社)の岸見一郎先生です。初めて岸見先生を見た人も多かったのではないかな。
テキストはコンパクトな内容で安いのでお買い得ですよ。
 
 
 この番組でアドラー心理学がどのように人々にインパクトを与えるかが(異論、反論も含めて)、興味深いです。
 
 番組の中ではライフスタイルという概念を取り上げていました。さすがに岸見先生はキッチリと説明されていましたが、なかなかわかりにくいところかもしれません。勇気づけは一般向けのアドラー本によく出てきますけど、ライフスタイル論はやや専門的で難しいでしょう。でもアドラー心理学の思想がよく出ているところです。
 
 ライフスタイルについて、きちんと説明しているのが私の共著『アドラー臨床心理学入門』(アルテ)です。さらに勉強したい方は是非どうぞ。
 

|

« 愛着か集団保育か | Main | 本能寺の変前後の甲斐 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81571/63174863

Listed below are links to weblogs that reference 『100分de名著 人生の意味の心理学』:

« 愛着か集団保育か | Main | 本能寺の変前後の甲斐 »