« 石田三成の末裔に会う! | Main | 『週刊ポスト』でもアドラー心理学 »

March 05, 2016

『天正壬午の乱』

 今、「真田丸」で取り上げている時期は、歴史学で「天正壬午の乱」と呼ばれる天正10年(1582年)3月の武田滅亡と6月の本能寺の変の後からその年末まで、甲斐、信濃で起こった領土争奪戦です。
 
 信長の突然の死で権力の空白地帯になった地に、北条、徳川、上杉が侵入して3つどもえの戦いを展開します。ドラマであったように、まさに調略の限りを尽くした謀略戦が展開されました。
「真田丸 第8回『調略』」では真田昌幸が武田家での元同僚、春日信達を騙してまでして北条と徳川を振り回そうとする様子が描かれていました。昌幸、「パパ、とても怖い」と息子・信繁に恐れられてしまいましたね。
 
 史実でも確かに信達は、北条方(昌幸が行ったと伝えられる)からの調略に応じようとしたのが上杉方に露見して、磔になったそうです。北条方は攻め手をなくして上杉との決戦はあきらめ南下して、甲斐に侵入した徳川との戦いに臨むことを決断します。昌幸は殿(しんがり)として信濃に残りました。
 
 実際にドラマみたいにわざと露見するように真田昌幸、信伊兄弟が仕組んだかは、わかりませんし、いくら昌幸でもそこまではできないでしょう。三谷さんは史実の流れは壊さずに、独自の脚色をしています。
 
 この天正壬午の乱が歴史ドラマで描かれるのは、多分初めてのことだと思います。多くの人は知らないと思います。その意味でも私は「真田丸」にとても注目しています。
 近畿で織田家重臣の羽柴秀吉や柴田勝家らが権力闘争をしていた時期に、東国ではこのような争乱が起きていたのです。
 
 しかし近年、この天正壬午の乱は、単なる地方の局地戦ではなく、のちの日本史に大きな影響を与えたことがわかってきました。
 
 平山優著『天正壬午の乱』(戎光祥出版)は、この乱を詳細に研究した結果をまとめた傑作です。そもそも「天正壬午の乱」と名付けたのは、著者の歴史学者・平山先生です。本書は先生の長年の研究成果といえます。
 
 ちなみにこの平山先生、山梨県立中央高校の教諭です。中央高校は山梨を代表する定時制高校です。私が関わった不登校・引きこもりの子どもたちが何人も入学しました。あるいは入学させました。私は、平山先生とは面識がありませんが、実はケースを通して間接的に関わっているとはいえるわけです。その点でも勝手に親近感を持っています。
 何より、いろいろな生徒がいる学校で教師をしながら、専門の研究活動でも名をあげるとは本当に素晴らしい、と感心します。
 
 この争乱は、単に大名同士が戦ったというだけではなく、勝敗の帰趨を決めたのは、その地方を治める国衆と呼ばれる昌幸のような人々や主君を失った武田遺臣たちでした。徳川家康や上杉景勝、北条氏政は彼らを味方に引き入れることに腐心しました。
 本書は、その様子が当時の文書の流れや各軍団の動きを丹念に追いながら、この乱の推移を詳細に描いています。小説ではなく、完全に実証的スタイルの論文ですが、実に面白い。
 
 特に私は甲信地方の地形や地名、山や道の場所がわかっていますから、本書で記される山城や街道を疾駆する軍勢をリアルにイメージして楽しむことができました。
 
 ドラマでこの乱に関心を持たれたら、是非手に取っていただきたいです。
 

|

« 石田三成の末裔に会う! | Main | 『週刊ポスト』でもアドラー心理学 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81571/63301284

Listed below are links to weblogs that reference 『天正壬午の乱』:

« 石田三成の末裔に会う! | Main | 『週刊ポスト』でもアドラー心理学 »