« 「真田丸」:天正壬午の乱、終結 | Main | 「真田丸」の楽しみ方 »

March 13, 2016

『決定版 ゆる体操』

 武術・武道出身のボディー・ワークはいくつもありますが、その中でも最も汎用性があり、普及しているのがゆる体操でしょう。
 
 創案者の高岡英夫先生が発表して20年ぐらいになると思いますが、その頃から私は日々の練習に取り入れて愛用してます。なかなか取れない体の緊張の個所が解消したり、そもそも力を抜くということがどういうことかを実感できるようになったことで、大変感謝しています。
 
 ゆる体操発表当初の高岡先生の講座に出たことがあったのですが、参加者はいかにも武道家、格闘家、競技者という人ばかりでした。その後ゆる体操は改良、バージョン・アップを重ねて、本当に誰でも手軽にできるものになっています。
 山梨のゆる体操教室は年配の女性ばかりで、いかにも楽しそうに体をゆすっていて温かい雰囲気に包まれています。
 
 
 今や200を超えるゆる体操の方法が、写真と解説付きで示されています。練習のお供に良いでしょう。ただ独習するにしても、一度は教室などで実際に見て教わったほうがやりやすいと思います。それでもほかの習い事に比べれば、安いものです。
 
 私は、このゆる体操はカウンセリング、臨床技法としても可能性がとてもあると思っています。今までいくつかのケースで試験的に試してきましたが、これから積極的に取り入れるつもりです。心理臨床でのリラクセーション技法といえば、自律訓練法や呼吸法、動作法、マインドフルネス瞑想などですが、それらは静的で鎮静的です。
 ゆる体操は動的で、より積極的に動いている覚せい状態でリラックスを実現する手段になり得ると思います。
 アドラー心理学的にはゆる体操と高岡先生の運動科学は「全体論」との親和性が高く、具体的なアプローチになり得ます。
 
 もし臨床実践や研究をされている方がいたら、一緒にやりましょう。
 

|

« 「真田丸」:天正壬午の乱、終結 | Main | 「真田丸」の楽しみ方 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81571/63339541

Listed below are links to weblogs that reference 『決定版 ゆる体操』:

« 「真田丸」:天正壬午の乱、終結 | Main | 「真田丸」の楽しみ方 »