« 心身健康科学を学んだ | Main | 『依存症臨床論』 »

March 24, 2016

学びの場

 前記事で紹介した人間総合科学大学は、社会人や人生の方向性を変えるために勉強し直したい人のための通信制が整備されています。
 
 私がいた心身健康科学科は、様々な職種の社会人が来ていました。私も体育会系の救急救命士さんと仲良くなって、いつもいろいろと楽しい会話をさせていただきました。
 
 みんな何らかの志があって来ている人達ですから、真剣さが違います。普通の大学や短大で講師をしている知人の話を聞くと、学生の授業態度が悪くてコントロールするのは大変みたいですね。おまけに最近は学生が講師の授業評価をするので、そのための配慮もあって先生は疲れちゃいそう。ここはそういうことはなさそう。
 
 心身健康科学は「心身相関」を合言葉に身体の科学と心の科学の統合を目指しているということなので、アドラー心理学の全体論ぽくていいかなと思い、選びました。理科系の研究者や学生が多い中で、私がアドラー心理学の話をすると、アドラーが好きだという偉い先生(生理学者)もいらっしゃって、励ましてくれました。
 
 研究テーマはできるだけ学生の希望に沿って考えてくれるので、何かやりたいことがある人はいいと思います。
 生理学的な実験をやる人もいたし、博士課程では民俗宗教に取り組んだ人もいました。
 
 私は、アドラー心理学とポジティブ心理学、哲学における勇気についての文献研究と質的研究をしました。指導教官も臨床心理士なのでテーマをよく理解してくれ、適切な助言をいただき、本当に感謝しています。
 
 そして、来年度から大学院に臨床心理学専攻が開かれます。社会人から、あるいは地元に適当な大学がなくて臨床心理士や数年後に施行される公認心理師を目指したい方には、良いところだと思います。是非、チャレンジしてください。

|

« 心身健康科学を学んだ | Main | 『依存症臨床論』 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81571/63390914

Listed below are links to weblogs that reference 学びの場:

« 心身健康科学を学んだ | Main | 『依存症臨床論』 »