« 北米アドラー心理学会参加 | Main | 北米アドラー心理学会体験記2 »

May 22, 2016

北米アドラー心理学会体験記

 冥途の土産にと臨んだ北米アドラー心理学会第64回大会、会場はミネソタ州ミネアポリスの南にあるDoubleTree by Hilton というホテルでした。
Photo
 
 会場のホテルに部屋を取りました。この18階に私のお部屋があります。
 学会参加者は割引価格で約100ドル。
 
Photo_2
 
 これでシングル、十分すぎる広さです。ここに4泊しました。アメリカのホテルのベッドは高くて、降りるとき気をつけないと足首を捻挫しそう。寝心地はとてもいいです。
 ただ、アメニティーは全然ダメですね。日本の方がずっといい。歯ブラシや髭剃りを持って行かなくて、部屋にないのでフロントにもらいに行きました。
 
Photo_3
 
 部屋からの景色。ビルが林立する市街かと思ったら、とても緑豊な郊外でした。
 ホテルに着いたのが12日の午後3時ごろ、初めてのアメリカ、場になじもうと時差ボケのまま しばらくホテル周辺をほっつき歩きました。
 
Photo_4
 
 広い道と緑ばかりでほとんど何もないのですが、サブウェイとかバーガーキングがありました。
 夕方からいよいよ始まりです。
 
Photo_5
 
 受付です。ボードにインフォメーションが貼ってあります。
 
Nasap
 
 受付付近を上から見たところ。
 
 後で仲良くなったミネソタアドラー心理学大学院の先生にうかがったら、全体で約400人が参加したとのこと。 全米からですからね、それくらいはいるのでしょう。
 
 午後7時から、Wes Wingett という先生の講演。「Connecting with Families, Schools, and Communities : Adlerian Perspectives」というタイトル。白髪の70を超えたおじいさんですが、大物感がありましたね。1970年代からアドラー心理学を学んでいて、この世界の重鎮の一人のようです。
 アドラー派としてのご自身の歴史を語られていたようでした。
 
 終わったら即部屋に戻ってお休み。
 
 翌日から発表です。
 
 
 

|

« 北米アドラー心理学会参加 | Main | 北米アドラー心理学会体験記2 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81571/63665229

Listed below are links to weblogs that reference 北米アドラー心理学会体験記:

« 北米アドラー心理学会参加 | Main | 北米アドラー心理学会体験記2 »