« ゆる体操準指導員合格! | Main | こころとからだと向き合うアドラー心理学体感合宿 »

May 04, 2016

大神神社参拝

 世間はゴールデン・ウィークですが、自営業の私はいつも通りカウンセリングをしています。さすがに予約は少ないので、合間に音楽聞いたり、本読んだりとのんびり過ごすことができて気分がいいです。
 
 私はこの連休はどこにも行きませんが、先月上旬、突然奈良の三輪山の麓、大神(おおみわ)神社に行きました。
 スマホが故障で長く使えず写真が取り出せなかったので、アップするのが遅くなりました。
 
 大神神社は日本最古の神社、聖域の一つ、最近は日本有数のパワースポットとして人気です。『古事記』『日本書紀』にももちろん登場し、社殿とかの人工物ではなく山自体を拝むという日本古来の信仰形態を維持し、古代出雲政権と大和政権や古代ユダヤとの関係などなど、真偽不明の様々な説が入り混じっている不思議な場所です。
 
 起源が何にせよ、三輪山周辺は日本の歴史上最重要のスポットの一つであることは間違いありません。
 
 春休み中のある日、私はなぜか急に、行ったことのない大神神社が頭に浮かんで無性に行きたくなりました。たまたま4月はスクールカウンセラーが始まっていないために時間がぽかんと空いていたので、思い切って旅立ちました。
 
 別に深い意味はないかもしれないけれど、「これはきっと神様に呼ばれたのだ」と勝手に解釈しておくと楽しいので、そうしときましょう。
 アドレリアン、臨床心理士としての私ではなく、オカルティストとしての本領発揮です。
 
 三輪山は奈良駅から電車で30分ほどです。
 
Photo_5
 
 JR三輪駅ホームからの三輪山方面です。
 三輪山周辺は見渡すだけでも懐かしい感じのする風景が広がっています。
 
Photo_6
 
 
 大神神社二の鳥居です。
 鳥居の横に「幽玄」の字があります。普通は延喜なんかが書いてあるところだと思うのですが、なんか「特別感」が漂います。
 拝殿や三ツ鳥居など境内や周辺の主なところ、摂社は廻りました。
 
 歩いたり参拝した私の体感では、常に柔らかく包まれるような感じがしていました。貴船神社の時とはまるで違う感覚で面白かったです。
 その中でなぜか最もじっくりとその場にいられたのが天皇社という場所。ちょっと小高い場所にあります。崇神天皇を祀っているそうです。
 
Photo_7
 
 
 にぎやかなほかのところと違って、私が行ったときは誰もいず、誰も来ずで、じっくりその場と対話した感じになることができました。。
 人がいると、人目が気になるタイプなので落ち着かないのです。
 
 天皇社の前に立つと、なぜかとても懐かしい感覚に襲われたのですが、もしかして、前世の縁でしょうか。もちろん私が崇神天皇というのは恐れ多いので、その家来だったのかな。1700年ぶりにお会いしたとか。そういうことにしておこう。
 
 
Photo_8
 
 
 ちょうど桜が満開。桜の合間にのぞく三輪山。
 
 とてもいい時期、いい気候でいろいろなものを無意識に感じたと思える、個人的には満足の小旅行でした。
 

|

« ゆる体操準指導員合格! | Main | こころとからだと向き合うアドラー心理学体感合宿 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81571/63578367

Listed below are links to weblogs that reference 大神神社参拝:

« ゆる体操準指導員合格! | Main | こころとからだと向き合うアドラー心理学体感合宿 »