« 実体理論者と習得理論者 | Main | 『児童心理』に仲間が掲載! »

July 13, 2016

自主シンポで武術を語ります

 秋の日本心理臨床学会第35回大会で、臨床と武術について語り合う自主シンポジウムがあります。
 
 企画者は合気道(富木流)を修める掛井一徳先生、昨年度まで山梨でスクールカウンセラーをしていた大変アクティブな先生です。
 
 私もその縁で出ることになりました。私は合気道は専門ではありませんが、実は高校時代やっていました(合気会)。私の家のすぐ側には塩田剛三先生の一番弟子が開いている養神館があり、今でももし時間があれば通ってみたいなあという気分があります。
 
 もちろん私は、中国武術代表のつもりで出ますよ。
 
 さらにエリクソン催眠の大家、津川先生を指定討論者に迎え、どんな内容になるのかワクワク、何か言わなきゃいけない私はドキドキです。
 
 ご参加予定の方々、よろしかったら見に来てください。
 
9月7日(水) 13:00~15:00
 
3-24 合気道と心理臨床学との接点           511+512 会議室
 
-合気道・太極拳・武術・実践から浮かぶ臨床の知-
 
掛井 一徳(掛井臨床心理相談室):企画者
 
深沢 孝之(心理臨床オフィス・ルーエ):話題提供者
 
なかお よしき(福井県スクールカウンセラー):話題提供者
 
津川 秀夫(吉備国際大学):指定討論者   

|

« 実体理論者と習得理論者 | Main | 『児童心理』に仲間が掲載! »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81571/63909385

Listed below are links to weblogs that reference 自主シンポで武術を語ります:

« 実体理論者と習得理論者 | Main | 『児童心理』に仲間が掲載! »