« ストレス・マネジメント講座 | Main | 『先延ばしをやめる本』 »

August 24, 2016

シンゴジラ、なかなか良かった

 シンゴジラの評判がよかったので観に行ってきました。
 
 私はゴジラファンでも庵野ファンでもないし、そもそも映画にあまり行くタイプではないので、細かなことは突っ込む気はありませんが、とても面白く、素晴らしい作品だと思いました。
 少なくとも名作の第1作以降の子どもだましのようなゴジラやハリウッド版のただの恐竜ゴジラよりはるかに上だと思います。
 
 ネタバレに近くなるかもしれないので、観る予定のある人は読まないでね。
 
 何より、この映画には政治思想が明確にあるのがいい。それを声高に言うのではなく、3.11以降の日本の現状、いや戦後の日本が凝縮されて描写されているのがいい。
 映画とは実はエンターテイメントの衣を着た政治的洗脳装置です。意識している人もいない人もいますが。これを私は思想家のグレゴリー・ベイトソンや評論家の副島隆彦氏などから学びました。
 
 庵野秀明総監督は明確に意識しているでしょう。
 
 鈍重な官僚機構、あの津波を思い出させる街の破壊風景、放射能に汚染される東京、そしてアメリカの属国で大事なことを決められない日本。タブーの連続ではないか。
加えて、「御用学者」「日本はアメリカの属国だ」といったセリフがはっきり出てきています。
 
 内閣府などの政府筋や自衛隊の協力をあそこまで得ていて、よくここまで描いたと思います。
 
 普通のクリエイターなら怪獣と戦う超人的な主人公や絆、家族愛なんかで甘く粉飾して終わりでしょう。
 本作の主人公も確かにかっこよく活躍しているけど、10年後首相の座を狙う政治家であり、別に超人ではありません。日本人らしく戦っています。
 
 私は庵野総監督のことは全然知りません。私より下の世代のカウンセラー、心理士にはエヴァンゲリオンでかなり影響を受けている人がいるようですけど。彼の強力な意思がないと、ここまで日本の問題を明確に描けなかったと思います。その庵野総監督、数年前まで抑うつ状態だったそうで、なんか彼にも興味がわいてきました。
 
 ある掲示板では、テキストにするとつぶされる内容を、「子供向きですから」とさらりと流して出してしまったと書いてありましたが、その通りです。官僚や電通さんは出来上がりを見て「やばい」と思ったかもしれない。
 
 庵野総監督が、副島隆彦先生か内田樹先生なんかの本を読んでいるのは確かでしょう。
 
 若い人や子どもたちが本作を観て、体制側が映画やテレビを通して流してくる洗脳イメージを解くイメージが脳内に入ればいいと思いました。
 
 

|

« ストレス・マネジメント講座 | Main | 『先延ばしをやめる本』 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81571/64103845

Listed below are links to weblogs that reference シンゴジラ、なかなか良かった:

« ストレス・マネジメント講座 | Main | 『先延ばしをやめる本』 »