« 『上達の法則』 | Main | 司法的対応より別の道を »

October 23, 2016

赤坂先生、講演会

 昨日10月22日(土)、文教大学で日本臨床・教育アドラー心理学研究会の研修会が開かれました。私は主宰する側です。
 
 講師は、アドラー心理学によるクラス会議で有名な赤坂真二先生(上越教育大学)、私たちも長い間講師にお迎えしたかった先生で、遂に実現した感じです。
 
 さすが超人気講師だけだって、告知後続々と事前申し込みがあって、約60人の参加者がありました。内容的にやはり学校の先生が過半数を超えていましたね。
「アドラー心理学を活かした授業・学級・学校づくり」というテーマで3時間、赤坂節をたっぷり堪能しました。
 
 先ずは本題のクラス会議に至るまで、随所にペアワークをしながら、人口減少などの現代社会の流れから浮かび上がる未来の姿、そこで必要とされる子どもの力とは何か、という話をじっくりとされていました。クラス会議を単なる技法ではなく、その背景にあるアドラー心理学とともに、大きな文脈の中にしっかり位置づけようという意志を感じましたね。
 
 考えてみるとこれまで私は赤坂先生とは、学会のシンポジウムや山梨に教員の研修会に来られる折の夜にご一緒したくらいで、先生の講義をきちんと聞くのは初めてでした。やはり、熱くて面白くて最高の講義(授業)でした。
 
 またいつか再び、先生の研修を開催したいと強く思いました。
 
 講義の様子は暗くてすみません。実際は明るく熱く盛り上がったのよ。
 その後の飲み会の楽しい(酔っ払いの)写真はFBに上げます。
 
Photo_2
 

|

« 『上達の法則』 | Main | 司法的対応より別の道を »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81571/64390371

Listed below are links to weblogs that reference 赤坂先生、講演会:

« 『上達の法則』 | Main | 司法的対応より別の道を »