« カジノとは何か | Main | 『不登校・ひきこもりに効くブリーフセラピー』 »

December 19, 2016

ロス中です

「真田丸 最終回」
 しっかり最後まで観させていただきました。
 久しぶりの全回制覇達成です。
 
 信繁目線でのラストに徹し、大阪城の秀頼や淀君、大助、毛利勝永らの最期もなく、きりや佐助がその後どうなったかもなく、壮快とかカタルシスとは言えない終わり方でしたが、胸に残るものがありました。
 そのせいか、明け方早くに目が覚め、ドラマのシーンが浮かんでは消えたり、「こうすればよかったんじゃないか」など登場人物たちになり替わって反省したり後悔したりして眠れなくなってしまいました。まさかドラマで早朝覚醒に陥るとは。
 
 最後のクライマックス、信繁と家康が1対1で対峙する場面、お互いの思いをぶつけ合っていないでさっさと撃ってしまえばよかった、とかほとんど無意味ですね。
 まるで自分が天下人になったみたいな視点から論じる人がいますが(豊臣が勝ったらまた戦乱に戻るとか)、私は一人の人の動きに関心があるタイプです。時代の流れにある程度の必然があるなら、豊臣が勝ってもかまわないというのが私の感覚です。しょせんは建前を押し出した権力争いですから。
 
 真田丸は、どの登場人物もくっきりキャラが立っていて、完全な善人も悪人もなく、みんな必死に生きているけどこかユーモラスで、必ずミスや欠点があり、それらが運命を分けていく、人生の悲喜劇が表現されていました。
 
 特にこれまであまり肯定的に取り上げられなかった人物や初めて取り上げられた人物も多く、みんな魅力的でした。
 武田勝頼、室賀正武、出浦昌相、北条氏政、毛利勝永、明石全登、片桐且元などなど。特に山梨県人としては、勝頼公を美しく描いてくれたのは感謝します。
 
 また本作以前から好きだった真田昌幸が草刈正雄さんでかっこよく、単に策略家というだけでなく、武田信玄への忠義の思いを貫いていたという解釈には激しく同意しました。
 
「新選組!」や三谷作品の映画では意識してませんでしたが、本作で三谷ファンになりましたね。僭越ながら、なんかものの見方が私に似ている気がしたものです。
 そして最後は有働アナの「徳川幕府ナレ死」には笑わせてもらいました。そうか、松代藩は佐久間象山か。「新選組!」の世界に一気に飛ぶとは、まるで「火の鳥」ですね。
 
 言いたいことは山とありますが、とにかく1年間楽しませていただきました。
 出演者、制作陣のみなさま、お疲れ様、ありがとうございました。
 
 あと、驚くべきことに、裏番組でも赤備えと鹿の角がシンボルの軍団が王者を追い詰めましたね。こちらはボールの蹴り合いだから平和なものですが、400年の時を経て面白いシンクロニシティーでした。

|

« カジノとは何か | Main | 『不登校・ひきこもりに効くブリーフセラピー』 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81571/64647721

Listed below are links to weblogs that reference ロス中です:

« カジノとは何か | Main | 『不登校・ひきこもりに効くブリーフセラピー』 »