« 職場のメンタルヘルス研修会2つ | Main | 砂漠にはスーツがいい »

January 30, 2017

不完全な庵堂蘭子さん

 真面目なアドレリアンほど眉をひそめて「あんなのアドラーじゃない!」と明確に否定されるドラマ「嫌われる勇気」(フジテレビ)。
 
 私はツンデレの香里奈さんに明確に否定されたい。
 
 まあ確かに観ていると、香里奈さん扮する庵堂蘭子は「課題の分離」は得意だけど、「共同の課題」への持って行き方はうまくないかも。
「勇気づけ」も普通の意味では全然見られないし。
 
 でもアドラー心理学には必殺の名言、 「不完全でいる勇気」があるので、それも体現しているということでいいじゃないか。
 
 それにアドラー心理学外部の人から見ると、アドラーやっている人ってもしかしてああ見えているのかもしれないし。「冷たーい」ってね。
 
 ナチュラル・ボーン・アドラーといえば、アドラーキッズなんていって、アドラー心理学的育児で育った人をそう呼ぶことがあるけど、あんな感じになるガキ、お子様もいそうだし。
 
 そういう目で見ると、「正しいアドラー心理学」を標榜するあの人に何となくダブって見えなくもないというか…。あの人も何かとよく否定していたような印象が…。
 
 つまり、当たらずとも遠からずだったりして。
 
 というわけで、ダメンズアドレリアンとして、応援してますよ、香里奈さん。

|

« 職場のメンタルヘルス研修会2つ | Main | 砂漠にはスーツがいい »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81571/64829665

Listed below are links to weblogs that reference 不完全な庵堂蘭子さん:

« 職場のメンタルヘルス研修会2つ | Main | 砂漠にはスーツがいい »