« どんなキャラならいいかな? | Main | 共同体感覚の使い方 »

February 20, 2017

日本臨床・教育アドラー心理学研究会第7回大会間近!

 アドラー心理学がいろいろな意味で注目を集めている今、改めて学び合う貴重な機会です。もう今週末に迫ってきました。
 
 今回は諸富祥彦先生によるフランクル心理学とアドラー心理学の講演があり、ある意味原点回帰的な内容になるかもしれません。先生の講義は抜群に面白いと思います。
 
 当日いきなり来ていただいても大丈夫だと思いますが、ランチセッションの注文の関係もあるので、できれば事前申し込みをお願いします。
 
 会場で会いましょう。
 
(コクチーズから引用)
 
「日本臨床・教育アドラー心理学研究会」は春に研究会、秋に研修会を開催し、今回で研究会は6年目を迎えました。
 午前は、明治大学の諸富先生からアドラーとフランクルの幸福論についてご講演をいただきます。昼食を摂りながらの懇親会をはさんで、小学校の教育現場から岩下先生による実践的研究をうかがい、続いて、産業の現場から上谷先生によるアドラー心理学の実践を発表していただきます。盛りだくさんのアドラーの一日をお楽しみください。
                 鈴木義也(東洋学園大学)
                 会沢信彦(文教大学)
                 深沢孝之(心理臨床オフィス・ルーエ)



1.日 時
  2017年2月26日(日) 10:00~16:00

2.場 所
  文教大学越谷校舎 12号館1階 12101教室
           学生食堂2階(ランチセッション)
           (東武スカイツリーライン「北越谷」駅下車徒歩12分)

3.参加費
  予約参加(2/19(日)まで、こくちーずまたはFAXによる申込) 4,000円
  当日参加(2/20(月)以降の申込および当日) 5,000円
   いずれも当日会場で支払。ランチセッションの昼食代も含みます。途中参加や早退可能。

4.内 容
  10:00  開会挨拶
         講演「アドラー心理学とフランクル心理学にみる幸福の極意」
         (明治大学教授 諸富祥彦 氏)
  12:00  ランチセッション(昼食を取りながらの懇親会。昼食代は参加費に含まれます。)        
  13:30  研究報告「アドラー心理学との出会い──勇気づけで変わった子どもたちとの関わり」
         (山梨県甲州市立松里小学校 岩下和子 氏)
  14:40  事例検討「アドラー心理学を産業保健の現場で活かす
                 ──『患者』ではなく『社員』との関わりにおいて」
         (ヒューマンハピネス株式会社代表取締役、
                    千葉大学非常勤講師、医学博士 上谷実礼 氏)
  16:00  閉会

5.参加資格
  教育あるいは対人援助に携わる専門職の方、もしくはその分野の学生。

6.申込方法
  このサイトからお申込みください。
  FAXでの申込みも受け付けます。
  申込専用FAX 03-5256-0538
  当日参加も可能です。

7.問合先
  文教大学教育学部心理教育課程 会沢 信彦
  〒343-8511 埼玉県越谷市南荻島3337
  TEL 048-974-8811  FAX 048-974-8877
  E-mail aizawa@koshigaya.bunkyo.ac.jp 
  日本臨床・教育アドラー心理学研究会HP  http://adlerian.jimdo.com
  ※ 学校心理士の方は更新ポイントB研修会(B-16-193)となります

|

« どんなキャラならいいかな? | Main | 共同体感覚の使い方 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81571/64918909

Listed below are links to weblogs that reference 日本臨床・教育アドラー心理学研究会第7回大会間近!:

« どんなキャラならいいかな? | Main | 共同体感覚の使い方 »