« 『木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか』の概略をつかむ | Main | がんばれ!「嫌われる勇気」2 »

February 11, 2017

がんばれ!「嫌われる勇気」

 なんとフジテレビ「嫌われる勇気」に日本アドラー心理学会がいちゃもんをつけたようです。
 
 
 何考えてんだか。
 
 真面目なアドレリアンほど明確に否定する「嫌われる勇気」と、以前書いた通りになってますね。
 
 あっ、私は昔々会員だったけど今は違うので、関係ありませんよ。
 私は香里奈さんを応援してます。
 
「正統派」の諸君、庵堂蘭子共々私を「偽アドラー」と呼ぶなら呼べ。
 
 それでも日本アドラー心理学会には、古い知り合いや好感を持っていた人もいたので、こんなことをするとは残念です。
 
 
 原作者の岸見先生と古賀さんはもちろん、制作陣を信頼、応援しています。
 
 
 ニュースによると抗議文には
 具体的には、“ナチュラルボーンアドラー”という設定のドラマの主人公が、「私はただ、感じたことを口にしているだけ」などと言っていることを問題視しており、アドラーの教えである「『他者の幸福のため』に自分がすべきことをする」という部分が「欠落している」と主張。同局に、放映中止か、脚本の大幅な見直しを求めている。
 だそうです。
 
 本当にそう見ていいのか。
 庵堂蘭子は、他者の幸福のために自分のすべきことをしていない、と言っていいのか。
 
 大きな枠組みの中では警察組織の中で、ちゃんと仕事しているじゃないか。つまり、協力ができている。犯人を捕まえているから、社会貢献している。
 
 まあ、前も書いたけど外から見たアドレリアンなんて、あんなふうに見えなくもないし。
 特にアスペっぽいアドレリアンなら、余計あんな感じになりそうだし。あの辺りにいそうだなあ、と思うんだよね。
 
 勇気づけが足りないとは思うけど、確か、勇気づけは褒めることやおべんちゃらと違うよね。勇気づけられたかどうかは相手次第だよね。
 つまりこの場合は、加藤君や犯人かな。彼女だけ見てはダメです。全体論、人間関係論を勉強し直そう。実際彼は庵堂蘭子によって変わりつつあるのだから、勇気づけられているのだろう。
 
 結局、古賀さんの言う「カリカチュアライズ(戯画化)されたキャラクター」の表現や造形の仕方が気に入らないか、理解できないということだろう。
 理想のアドレリアン(というその人の私的論理)から引き算して批判するのは、正しいのか?
 それを放送中止を要請するとはねえ。お得意の関西風味の突込みで楽しく批評(批判ではなくて)してほしかったな。
 
 私は庵堂蘭子を、「課題の分離」スペシャリストのアドレリアンと解しています。実は専門、得意分野がアドレリアンそれぞれにあるんですね。私はカウンセリング・スペシャリストを目指すアドレリアンです。だから、「これはあなたの課題であって、私の課題ではありません」なんて言わないですよ、けして。当たり前じゃないか。
 もちろんカウンセリング以外に実践しないというわけではないよ。大分適当だけど。
 
 だから、あれはあれでありだと思う。実際にいたら尊敬します。私、嫌われる勇気ないので。
 
 というわけで私はその抗議、明確に否定します(笑)。
 

|

« 『木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか』の概略をつかむ | Main | がんばれ!「嫌われる勇気」2 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81571/64879027

Listed below are links to weblogs that reference がんばれ!「嫌われる勇気」:

« 『木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか』の概略をつかむ | Main | がんばれ!「嫌われる勇気」2 »