« 映画『スノーデン』を観た | Main | 『空手と太極拳でマインドフルネス』 »

April 22, 2017

『Number』誌にアドラー心理学特集!

 日本の代表的なスポーツ誌『Number 925号』(文藝春秋)で、アドラー心理学特集です。
 
「スポーツ 嫌われる勇気」というテーマ。
 
『嫌われる勇気』(ダイヤモンド社)の共著者、古賀史健さんが、ラグビー日本代表元監督・エディー・ジョーンズさんにインタビュー、岸見一郎先生はボクシング日本代表、ロンドン五輪金メダルの村田諒太さんと対談しています。
 
 そして、小平奈緒選手(スピードスケート)や田中志朗選手(ラグビー日本代表)らのインタビュー、イチロー、本田圭佑、松井秀喜選手、栗山英樹監督らをアドラー心理学的視点から解説するという記事が並んでいます。
 
 いまやアドラー心理学は、いろいろな分野で語られていますが、スポーツでこれほどストレートに扱われるのは初めてではないでしょうか。アメリカでアドラー心理学を修めた平本あきおさんや梶野真さんとかが、一部の選手へのコーチングをしていましたが、スポーツ評論で語られたことはなかったと思います。こう来るか、と少し驚きました。
 
 エディー・ジョーンズさんはアドラー心理学を特に学んだことはなかったのですが、インタビューで古賀さんの話を聞いて、「素晴らしい。完全に同意します」と答えています。
 
 縦社会の代表のようなスポーツ界で、アドラー心理学がこのように取り上げられるのは、今後かなりのインパクトを与える可能性があります。
 
 スポーツ関係者は是非、お読みください。
 

|

« 映画『スノーデン』を観た | Main | 『空手と太極拳でマインドフルネス』 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81571/65183246

Listed below are links to weblogs that reference 『Number』誌にアドラー心理学特集!:

« 映画『スノーデン』を観た | Main | 『空手と太極拳でマインドフルネス』 »