« 『ミレイ先生のアドラー流勇気づけ保健指導』 | Main | パソコン不調 »

June 13, 2017

『アドラーの教え』

 アドラーブームの中で、『嫌われる勇気』を除いて最もよく出ているのが、マンガ、コミックによるアドラー本です。
 
 既に何人もの日本の代表的なアドレリアンがコミック版アドラー本を出しています。おそらくたくさんくる出版社からの依頼に応えてのものでしょうけど、実際作るとなるとキャラクター設定からストーリーまで、けっこう大変みたいです。もちろん作画はプロの漫画家だし、編集者との共同作業の部分が多いのでしょうけど。
 
 そしてついに岸見一郎先生も出しました。
 
 
 昨年のNHKEテレ、「100分de名著」のスタッフと創り上げた作品のようです。
 
 哲学者で読書家の岸見先生は今は難しい本ばかりを読んでいるので、マンガを読むことはないようですが、「まえがき」でマンガを読みふけった子どもの頃を思い出したり、「皆で協力して仕事に取り組み楽しみや喜びを強く感じました。このように協力して一つの仕事を成し遂げる過程で、私たちは人と人とが結びついている感覚(共同体感覚)を知ったように思いました」と言っています。かなり満足感があるのでしょう。
 
 本書は喫茶店のマスターとそこを訪れるサラリーマン、お店のアルバイト女子やお客さんとのエピソードで構成されています。
 
 書斎にこもるのではなく、ウィーンのカフェで夜遅くまで友人とだべっていたアドラーですから、そういう設定はしっくりくるのかもしれません。
 
 シンプルなアドラー心理学は、一見してわかった気になったり、言葉巧みな一人の論者の言うなりになってしまう危険性があります。
 そこで、いろいろな切り口のアドラー本が出ることはとても重要なことと思っています。岸見先生も、岩井先生も、野田先生も、独特の文体、言葉の使い方、文脈設定の仕方があります。それは実はアドラー云々とはあまり関係なくて、それぞれのライフスタイルというか、業(カルマ)というか(笑)、思想レベルの違いの反映かもしれません。
 
 初めての方、アドラーマニアの方、是非、お楽しみください。
 

|

« 『ミレイ先生のアドラー流勇気づけ保健指導』 | Main | パソコン不調 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81571/65405760

Listed below are links to weblogs that reference 『アドラーの教え』:

« 『ミレイ先生のアドラー流勇気づけ保健指導』 | Main | パソコン不調 »