« パソコン不調 | Main | 心理療法とヒーリングの共通構造 »

June 19, 2017

『野の医者は笑う』

 今年上半期、一番面白い本でした。知的に面白いだけでなく、実際に笑い転げました。そのくらい面白い。
 
 
 気鋭の臨床心理士、心理学者が勤務地であった沖縄で、いわゆるスピリチュアル、ヒーリングの濃い世界をどっぷりとフィールドワークした(浸かった)ドキュメントです。
 その体験を通して、「心の治療とは何か」「人が癒されるとは?」という根源的な問いを考察しようという、実に意欲に満ちた「研究報告」です。
 
「野の医者」とは、精神科医でも、公的機関に勤めるような臨床心理士やカウンセラーでもない、全く在野にいて、世間の人たちの心身のさまざまな悩みに応えようとしている人達です。
 
 キーワードはたくさんありますが、オーラとか前世とか、なんとかマッサージとかレイキとかアロマとか、一昔前は精神世界、代替医療、今はスピリチュアルなどと呼ばれる分野で活動している治療者たちです。
 
 皆さんの周りにもいらっしゃるでしょう。
 普通「まともな」臨床心理士、心理学者はそういう妖しいものと自分たちは違うと、敬して遠ざけるかするものです。
 でも実際多くのクライエントさんは、精神科とカウンセリングと野の医者の治療を渡り歩いたり、並行して受けていることが多いものです。それぞれの分野の治療者は、内心ではそれを快く思っていないかもしれません。
 
 しかし著者は生来なのか、臨床心理士にしては(ユング派の牙城、京大出身!)、実に軽いノリで、沖縄の有名、無名のセラピスト、ヒーラー、「野の医者」たちをどんどん渡り歩き、時には指圧の痛みで悲鳴を上げたり、時には野の医者と語り合ったり、セミナーの参加者たちと喜びを共にします。
 
 沖縄だから伝統のユタを取材するのかと思ったら、意外にも最近都市で勃興して沖縄に入ってきたスピリチュアル系の人たちに多くアプローチしているのがまた興味深い。沖縄でもけっこう盛んみたいです。
 
 そして本書の最後に考察される、「心の治療の本質」とは?。
 
 これは私も常日頃考えていることとほぼ符合しました。このポストモダンの時代、基礎心理学や認知行動療法のような科学主義でなければ、けっこう納得がいく結論ではないかと思います。
 
 是非、「まともな」心理士、カウンセラーさんはお読みください。
 
 ところで、著者は臨床心理から野の医者の世界に分け入った人ですが、実は私は野の医者が臨床心理の世界に入ってきたようなものかもしれません。これまで私が学んだり接してきたものをいうと、ちょっと著者に匹敵するか、もしかしたらそれ以上かもしれません。
 だって太極拳とか気功法とか30年もやっていると、その世界とのお付き合いは必然的にあるんだもん。
 
 ただ、正確には私は、完全に野の医者ではなく、完全に普通の臨床心理士でもないかもしれません。なんかその境界線にいるというか。
 
 だから逆に、私の心の治療に関する表現は抑制的で、あまりそれを表に出すことはありませんでした。正面から野の医者の世界をこのブログや臨床心理の世界で表すことはしてこなかったし、野の医者の世界の人たちにことさら臨床心理学や精神医学の話をすることもしませんでした。こういう分野は好きだけどどこか冷めているというか、両方の世界を使い分けている自分がいます。
 
 そして、野の医者の世界と臨床心理の世界をつなぐものとして、有用なのが、実はアドラー心理学なのです。
 実際私に限らず、アドラー心理学を学ぶ人たちの中に、野の医者系の人たちが少なからずいらっしゃるのは事実です。
 これは他の学派にはあまりないことかもしれません。
 
 確かにユング派とスピリチュアル系は関連性はあるのですが(本書でも著者が出会った人との驚くべきつながりが描かれています)、ユング派の人はなんとかそれとは違うものとして区別しようとしていて、スピ系の人は自分なりの世界観に勝手にユング心理学を取り入れようとしている感じがします。(外からの視点ですが)。
 まあ、ユング心理学は今は大学や学会で権威的立場を得ていますが、スピ系とかなり類縁関係にあるのは間違いないでしょう。ユング自身、ユングの家系がそうだったみたいですし。
 
 アドラー心理学がスピ系の人たちに働きかける仕方は、ユング心理学とは違うように思われます。
 
 それは、ぶっ飛びやすい野の医者の心を、現実にグラウンディングさせることです。
 
 実に現実的で、神とか霊とか(無意識とか自我も!)登場しないフラットな世界観のアドラー心理学を野の医者が学ぶことは、実はとても意味があることだと私は思っていました。
 私が少しはまともな臨床心理士になれたのも(?)、アドラー心理学が間に入ってくれたからかもしれません。
 
 そしたら、著者の東畑先生、今度はアドラー心理学にも目をつけたみたいで、先日ヒューマン・ギルドをご訪問、その勢いか「自分のタイプを知りよりよく悩もう-フロイトとユングの心理学」という講座をやることになったみたいです。
 最近注目していただけに、驚きました。アドラーもフィールドワークするのか?
 
 私はその日は仕事で残念ながら参加できませんが、アドラーの牙城でフロイトとユングを学ぶ、これも面白いですね。
 
 
 

|

« パソコン不調 | Main | 心理療法とヒーリングの共通構造 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81571/65432737

Listed below are links to weblogs that reference 『野の医者は笑う』:

« パソコン不調 | Main | 心理療法とヒーリングの共通構造 »