« 英語リスニングのために | Main | 『アドラーの教え』 »

June 09, 2017

『ミレイ先生のアドラー流勇気づけ保健指導』

 保健師、看護師が現場でアドラー心理学を使う時の格好のテキストが出ました。
 
 
 著者の上谷先生は今年2月の日本臨床・教育アドラー心理学研究会の大会で発表をしてくださった産業医です。とても気風がいいというか、クリアーな話しぶりの方なので、私にはその通りのイメージの本という感じでした。
 読むと明るい気分になれます。
 
 おそらく産業保健現場での共通の悩みは、健診結果などを見せて対象者に「指導」してもなかなか変わってくれない、ということみたいです。
 
 そもそもモチベーションが低い人たちが多いのだから、「メタボだ」「飲み過ぎだ」言われたくらいで「改心」することは少ないでしょう。私のその一人でした。本書でちょっと反省。
 
 そういうとき、支援者はどういう構えでいたらいいのか、ミレイ先生がやさしく、丁寧に、きっぱりと指導してくれています。
 
 特定検診・保健指導の制度がスタートして十年近くたとうする今だからこそ、「他人を変えるということをゴールに設定しない」「うわべだけのスキルやテクニックだけに頼らない方法」を提案したいのです。アドラー流保健指導は、相談者とともい現場で奮闘する支援者の皆さんを力強く勇気づけ、役に立つものになるでしょう。  p84
 
 本書の後半は、様々なケースに対しての、アドラー心理学的な考え方が示されていて、具体的でとても面白い。保健師さんたちの苦労が逆にしのばれました。
 
 保健指導という、これまであまり語られなかった領域にアドラー心理学が入っていくきっかけに本書はなるでしょう。
 

|

« 英語リスニングのために | Main | 『アドラーの教え』 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81571/65389038

Listed below are links to weblogs that reference 『ミレイ先生のアドラー流勇気づけ保健指導』:

« 英語リスニングのために | Main | 『アドラーの教え』 »