« 保護者、校長先生に研修 | Main | 国際アドラー心理学会体験記 »

July 17, 2017

ミネアポリスから帰りました

 昨日、アメリカ、ミネソタ州の州都、ミネアポリスから帰国いたしました。
 まる一週間いたことになります。
 
 国際アドラー心理学会(International Association of Individual Psychology)に参加するためです。
 3年ごとに開かれていて、前回はパリ、その前はウィーンだったそうです。
 私はもちろん初参加、世界のアドレリアンを見てみたいという願いがかないました。
 
 参加にあたっては、今回ホスト役となったミネソタアドラー心理学大学院卒の梶野真さんに大変お世話になりました。梶野さんとはほぼ全日程ご一緒し、不慣れな私にいろいろ教えていただきました。本当にありがとうございました。
 
 梶野さんにとっては母校、第2の故郷に里帰りとなります。それだけ知り合いが多いみたいで、会場のどこに行っても「Makoto!」と、とても人気者でした。
 あんなふうに英語が自由自在にしゃべれるようになりたい。
 
 学会の内容は次回以降報告することにして、まずはミネアポリスの様子をお伝えします。
 
Photo
 
 ミネアポリス中心部の遠景。大都市というより、大きめの地方都市という雰囲気を感じました。日本だと仙台とか広島の感じという人もいます。穏やかでゆったりとした感じです。
 
 昨年亡くなったプリンスの出身地でも知られています。また、ミネアポリスではないけれど、ミネソタ州出身にはボブ・ディランもいますね。割とリベラルな地域らしいです。
 
Photo_2
Photo_3
 
Photo_4
 
 ホテル周辺を散策しました。
 
 先週、日本はメチャクチャ暑かったらしいですが、アメリカ北部、カナダに近いこちらは日中も30度そこそこで快適でした。避暑に来たみたいなものです。
 
Photo_14
 
 大変気持ちの良い公園もありました。
 
Photo_13
 
Photo_15
 
 公園内にはリスが普通にいっぱいいて、あちこちでちょろちょろしていました。
 
 ホテルは学会ご推奨のダブルツリー・ヒルトン・ミネアポリスという、会場の目の前にあるホテル。学会参加者割引と会場への便を考えて思い切って決めました。
 トイレ・バスルームを挟んで、ベッドとリビングのほぼ2部屋ある感じで、日本の狭いビジネスホテルに慣れた身にはとても広く、十分すぎる快適なお部屋でした。
 
Photo_8
 
Photo_9
 
 昨年も北米アドラー心理学会でここミネアポリスに来たので、今回2回目になります。
 
 穏やかな雰囲気のこの街を改めて好きになりました。
 

|

« 保護者、校長先生に研修 | Main | 国際アドラー心理学会体験記 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81571/65547566

Listed below are links to weblogs that reference ミネアポリスから帰りました:

« 保護者、校長先生に研修 | Main | 国際アドラー心理学会体験記 »