« 不登校、引きこもりの家族会をします | Main | トランプとバノンの戦い »

August 26, 2017

『ディスコースとしての心理療法』

 長く日本の家族療法、ブリーフセラピー、ナラティブ・セラピーをけん引してきた児島達美先生(長崎純心大学教授)の論文、記事をまとめた本で、これらの分野に関心のある私には大変面白く、参考になる内容でした。
 
 
 ディスコースは「言説」とセラピーや現代思想界隈で訳されることが多いと思います。ただの言葉や文章というより、言葉によって出来上がる思考の枠組み、意味づけ、現実のあり方なども含まれている思います。いわゆる社会構成主義といわれる立場でよく使われます。
 
「心理療法は内面の何かを明らかにしたり、行動をあつかうものではなく、つまるところ、ディスコースである」という筆者の立場がそのまま書名になっています。
 
 なんか難しそうに聞こえるかもしれませんが、臨床やカウンセリングをやっている人ならとても実践的な内容であることが本書を読むとわかっていただけると思います。
 
 本書では入門書にありがちな、家族療法やブリーフセラピーなどをわかりやすく解説するというより、それらを筆者がどう思っているか、どう付き合ってきたか、自身の臨床歴と共に語られています。ナラティブ・セラピーに至っては、いまだ「輪郭を明瞭につかめないでいる」とまで告白しています。
 その上で、それらの最新のセラピーの魅力について十分に語ってくれています。
 
 確かにナラティブ・セラピーの本は、文字がやたら多くてページに詰まっているものが多く、読んでもすっきりした感じがしないので、わかりにくいと感じてしまうことは私にもよくあります。解決志向アプローチに比べて、つい敬遠してしまう。
 
 私は本書で、ナラティブ・セラピーの見取り図ができました。
 
 本書の後半は、筆者と筆者の友人の和田憲明先生(故人)がスーパーヴィジョン(SV)をしている章がけっこうあり、とても興味深いものばかりでした。うつ病、統合失調症、小学生の子どもの3つのケースですが、逐語録と共に、かなり丁寧に参加者が語り合っています。
 その中でSVを受けた人がまとめたところが面白かったのでメモします。
①面接を構造化しなくてはならない。 → 必ずしもそれが役に立つとは限らない。
②患者の言動・行動には心理的な意味がある。 → 聞いてみないとわからない。
③妄想を症状として捉える。 → 妄想には文化がある。
④面接の解釈。 → 患者とのやりとりから見出す。
⑤行き詰った面接 → 楽しく・気持ち良く・おもしろおかしく。  p195
 
 ほんとにその通りですね。
 中級者向けの本かもしれませんが、自分のセラピーを見直すのに役立つと思います。
 

|

« 不登校、引きこもりの家族会をします | Main | トランプとバノンの戦い »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81571/65712519

Listed below are links to weblogs that reference 『ディスコースとしての心理療法』:

« 不登校、引きこもりの家族会をします | Main | トランプとバノンの戦い »